おせちリメイクvol.3「黒豆」のドットがかわいい愛されレシピ

少量煮るのがむずかしい黒豆は、おせちのなかでもどうしても余ってしまいがちな料理のひとつですよね。手間と時間をかけて煮た黒豆を最後まで飽きずにおいしく味わうために、ほんのひと手間でできるリメイクレシピをご紹介します♪

2019年12月27日 更新

「黒豆」が余ったらさぁどうする?

Photo by muccinpurin

これからの一年を「まめ」に働き「まめ」に暮らせるように、と願いを込めたおせち料理の「黒豆」。 つやつやにふっくらと煮上がった甘い豆は、おせちの人気料理のひとつですが、残ってしまったときはどうしていますか? 今回は、そんな黒豆を最後までおいしく食べられるよう、手軽にできるリメイクレシピをご紹介します♪

1. どこか懐かしい味。「黒豆蒸しパン」

ホットケーキミックスの生地にきなこと黒豆を入れた、豆だらけの「黒豆きなこ蒸しパン」。きなこを入れることで香ばしく、大豆同士の組み合わせは栄養満点で、どこか懐かしく素朴な味わいです。 牛乳やコーヒーと合わせて、休憩時間のお供にどうぞ♪

2. 保存性アップ♪ 「ドライ黒豆」

Photo by muccinpurin

オーブンを使ったお手軽「ドライ黒豆」は、日持ちも長くなり、小腹がすいたときにもぴったりなおやつに変身します♪ 乾燥しているので持ち運びにも便利です。 ほかに材料を使わないので、分量を気にせず好きな量で作れるのも気軽ですね。

材料

・黒豆……お好みの量 ・粉砂糖……お好みの量

作り方

黒豆の煮汁を切り、キッチンペーパーでしっかりと水気をふき取っておきます。オーブンペーパーを敷いた天板に並べ、120度に予熱したオーブンで30分~様子を見ながらしわが寄るまで乾燥させます。 完全に冷めてからビニール袋に入れ、振るようにして薄く粉砂糖をまぶします。

3. ドットがキュート♪ 「黒豆クリチサンド」

Photo by muccinpurin

黒豆の甘さを抑えつつおいしく食べたいなら「黒豆クリチサンド」はいかがでしょう。 黒豆の甘さをクリームチーズの酸味がやさしく包んで、朝食にもお弁当にも食べやすいサンドイッチができますよ。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS