食いしん坊も満足!輸入菓子セレクトブティック「シャルマン・グルマン」がオープン

輸入菓子を扱う「シャルマン・グルマン」初の路面店が、2018年12月15日(土)南青山にオープン!ヨーロッパ各国から6つのブランドをセレクトし販売。店内のカフェでは、それらのお菓子を使ったメニューも堪能できます。ひと足お先に注目の新スポットに行ってきました!

2018年12月15日 更新

シャルマングルマン初の路面店がオープン

気鋭のレストランやショップが立ち並ぶ南青山に、新たなフードスポットが登場!輸入菓子のセレクトブティック「シャルマン・グルマン」初の路面店が、2018年12月15日(土)にグランドオープンします。ヨーロッパ各国の老舗ブランドを扱うシャルマングルマンならではの伝統菓子を、ひと足お先に堪能してきました。
「シャルマン・グルマン」はフランス語で「素敵な食いしん坊」という意味。1階では、伝統のレシピで作られたヨーロッパ各国の輸入菓子の販売。2階サロンエリアでは、フランスのサロン・ド・テや、英国のティールームのようにリラックスした空間で店舗内の菓子を自由にオーダーして食べることができます。

ヨーロッパの老舗ブランドから6つをセレクト

カフェグルマンドの店内

Photo by macaroni

白を基調とした店内は、高級な雰囲気。1階と2階のショッピングエリアには、サブレ、チョコレート、キャラメル、ビスケット、スコーン、ティーなどの6ブランドが並びます。ショーケースに並ぶお菓子たちは、どれも老舗ならではの伝統、お菓子作りへのこだわりが詰まったものばかりです。

メルヘンなパッケージのものや見たことのないお菓子もちらほら……。6ブランドの詳細は以下のとおり。

ラ・サブレジエンヌ(La Sablésienne)

サブレ発祥の地フランスの伝統的なレシピでサブレを作る、フランスのビスキュイトリー「ラ・サブレジエンヌ(La Sablésienne)」。発酵バターを100%使用した、ミルクのコクと風味たっぷりのサブレが、フランスらしいメルヘンチックなデザインの缶に詰まっています。

現在でもサブレ侯爵夫人の住んでいたサブレの町でしか製造しないという、老舗ブランドならではの伝統や歴史を重んじるこだわりもこのお菓子の魅力。かわいらしいデザインの商品を種類豊富に揃えていて、贈り物としてもおすすめです。

アマリエ(Chocolate Amatller)

現存するスペイン最古のチョコレートブランドとして、長きにわたって愛されるBean to Barの老舗です。こだわりの焙煎からなるアマリエの独特なアロマと口どけの良い食感は、スペインのみならず世界中のチョコレートファンを唸らせています。

アール・ヌーヴォーを代表する画家「アルフォンス・ミュシャ」のパトロンであったアマリエは、今もミュシャの絵のデザイン缶を使用。チョコレートも芸術とみなし、総合的に美味しいものを作り続けています。

レッカリー・フース(Läckerli Huus)

スイス・バーゼルで700年の伝統を持つスパイスビスケット「レッカリー」の老舗「レッカリー・フース(Läckerli Huus)」。高品質を目指すレッカリー・フースの「レッカリー」は相場の倍の値段ですが、それでも常に売れ続けている人気商品。

シャルマングルマンではレッカリーとあわせて、スイスの伝統製法で作られた、歯に付かないさくっとした食感のキャラメル「キャラメルト®」も販売。口にいれた途端にほろっと崩れる、ふつうのキャラメルとは別物の食感にとても驚きました!ぜひ基調なスイスの伝統菓子の味を体験してみてください。

ハフキンス(Huffkins)

イギリス・コッツウォルズで愛される、老舗のベーカリー&ティールーム「ハフキンス(Huffkins)」。シャルマングルマンのサロンエリアでは、牛乳をたっぷり使ったふわふわのスコーンが提供されています。牛乳の風味がたっぷりのスコーンは、コーヒーや紅茶との相性抜群!スコーンにしては軽い口当たりですが、ひとつ食べるだけでも十分お腹が膨れる満足感を得られます。テイクアウトも可能で、南青山の街歩きのお供にもおすすめです。

メゾン・ブルジョン(Maison Bourgeon)

見た目も華やかで独特な配合のかわいいお茶屋さん「メゾン・ブルジョン(Maison Bourgeon)」の看板商品は常識にとらわれないブレンドティー。クリスマスマーケットで販売したクリスマスティーが評判を呼び、年中飲みたいとの多くの要望に応えてサロン・ド・プロヴァンスに出店。今ではパリにも支店をオープンし、グルメなパリっ子のティータイムに欠かせない人気店となりました。

ブノワ・ショコラ(Benoit Chocolats)

三角形のユニークなスペシャリテ「キャラモンド®」で有名なフランスのショコラトリー「ブノワ・ショコラ(Benoit Chocolats)」。キャラメリゼしたスライスアーモンドを平らに敷いて焼いた後、その香ばしさを閉じ込めてチョコレートをコーティング。

絶妙な薄さがちょうどよいサクッとした固さで、どこでもつまんで食べられやすいカジュアルさも兼ね備えています。キャラメルとアーモンドとチョコレートの最高の組み合わせは、プレゼントで渡せばきっと喜ばれること場違いありません。こちらは2019年の1月頃からの期間・数量限定での発売になります。

スイーツサロンで6つのブランドを堪能!

整列しているル・クルメ・ダンジュ

Photo by macaroni

ル・クルメ・ダンジュ 650円(税込)

6つのお菓子ブランドの中で、気になったものはありましたか?2Fのスイーツサロンでは、お店で扱っているブランドやその土地に由来するメニューを注文できます。ここで気になった商品を扱うメニューを試してみるのもおすすめです!

上の写真は「ラ・サブレジエンヌ」と「ブノワ・ショコラ」のある、フランス・アンジェ地方のおやつが発祥のスペシャリテ。ふわっとした口どけのクリームチーズ、甘酸っぱいフワンボワーズが絶品!無限に食べたくなるほど病み付きになる一品です。
白いお皿に盛り付けされたカフェ・グルマンド

Photo by macaroni

カフェ・グルマンド 1,520円(税込)

どれもこれも食べたい!そんな方におすすめなのが、フランスデザートの定番「カフェ・グルマンド」。一皿に4種類の一口サイズのデザートの盛り合わせがセットになっているもので、コーヒーか紅茶を選べます。美味しいお菓子を少しずつ、美味しいドリンクと一緒に楽しみたい、そんな大人に嬉しいデザートセットです。

素敵な食いしん坊、集まれ〜!

南青山という高級感漂う街に誕生したシャルマン・グルマンは、買い物ついでのティータイムやギフト選びにぴったり!普段口にすることはなかなかないヨーロッパの伝統的なお菓子の数々、その趣深い味わいは新鮮で、ヨーロッパに訪れたような気持ちにさせてくれました。ぜひ素敵な食いしん坊のみなさんも体験してください。

店舗情報

シャルマン・グルマン
オープン日:2018年12月15日(土)
住所:東京都港区南青山5-10-19
営業時間:11:00~21:00(2階サロンエリア:ラストオーダー ~20:30)
定休日:年中無休(1月1日、2日のみ休み)
公式サイト:https://www.c-gourmand.jp/

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni編集部レポート

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう