【濃厚でなめらか♪】トリュフの基本の作り方&アレンジレシピ5選

世界三大珍味・黒トリュフに似ているからと名づけられた「トリュフチョコレート」は、実は材料がなく余り物で作られたのが発端の、今から110年以上前に生まれたフランス菓子。だから材料も作り方もとてもシンプルで簡単!お子様でも作れ、また簡単に大人の男性向け味にもアレンジできます♪

2018年12月27日 更新

トリュフの基本レシピ

トリュフ・オ・ショコラ

Photo by Rie YUTENJI

チョコレートのトリュフは1895年12月末。フランスのアルプス地方にあるシャンベリーという街の菓子店で誕生。

チョコや菓子がもっとも売れる暮れだというのに、クリスマスでほとんど材料を使いきってしまった菓子屋の店主が残っていたチョコと生クリームだけで作ったガナッシュのお団子が「おいしい!」と大好評。しかも「冬の珍味・黒トリュフにそっくり!トリュフは高くて買えないけれど、これなら買える!」とも喜ばれ人気となったのがはじまり。

つまり本来のトリュフチョコレートは高級でも気取った菓子でもなく、チョコと生クリームだけという超シンプルな材料で作れちゃう超お手軽なものなのです♪

作り方も子供の頃、砂場で作ったお団子づくりを思い出すような作業で本当に簡単なので、お子様が学校で配るバレンタイン用にも最適です♪

材料(約24個分)

材料

Photo by Rie YUTENJI

大人向けにカカオ分の高いブラックチョコを使用していますが、ビターが苦手な方や小中高校生向けなどにはミルクチョコレートを使い、甘いココアパウダーにするなどお好みで♪

お酒もこの量だとそれほど感じないので増やしてもいいですし、まったくなしにしてもOK。

・ブラックチョコレート……200g
・生クリーム……80cc
・ココアパウダー(無糖)……30g
・洋酒(ラム、コニャック、アルマニャックなど)……10cc
・バニラ(エッセンスかパウダー)……少々

トリュフの作り方

1. 板チョコを小さく割る

板チョコを小さく割る

Photo by Rie YUTENJI

板チョコを溶かしやすいように小さく割ります。

2. チョコを溶かす

チョコを溶かす

Photo by Rie YUTENJI

湯煎か電子レンジでチョコを溶かします。電子レンジで溶かす場合は、一気に温めず、数秒単位で取り出しては再度レンジにかけるようにすると水分なしでも滑らかに溶けます。
1 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

rieyutenji

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう