連載

素材のやさしい旨みが伝わる。京都発「やさいをたべるベビーフード」

赤ちゃんがすくすく育つために必要なベビーフード。京都の(株)坂ノ途中は、誠実な農家と子持ちのスタッフを集め、農薬や化学肥料に頼らず育てた野菜を原料としたベビーフードを販売しています。子どもに戻ったつもりになって、さっそく味わってみました。

2019年1月8日 更新

安心して食べさせられるベビーフード

安心して食べさせられるベビーフード

Photo by macaroni

赤ちゃんはベビーフードで初めて“食べる“行為を経験します。どうせならおいしいと思ってほしいし、体に良いに越したことはない。これは多くのママに共通する想いでしょう。

京都の(株)坂ノ途中は、誠実な農家と子持ちのスタッフを集め、農薬や化学肥料に頼らず育てた野菜を原料としたベビーフードを販売しています。
安心して食べさせられるベビーフード

Photo by macaroni

今回ご紹介するのは、「ころころ野菜のおだし煮」と「 さつまいも豆乳プリン」の2種類。子持ちのママスタッフや管理栄養士の資格をもつスタッフが意見を出し合い生み出した商品です。

「子どものときだからこそ、野菜本来の味やおいしさを経験してほしい」という思いを込めて、試行錯誤しながら完成させたそうです。

① ころころ野菜のおだし煮

① ころころ野菜のおだし煮

Photo by macaroni

始めにご紹介するのは、かぼちゃ、⽟ねぎ、にんじん、じゃがいもの4種の野菜を⾷べやすい⼤きさにカットし、昆布と椎茸のおだしで煮た「ころころ野菜のおだし煮」。

調味料による味つけは⼀切しておらず、野菜の⽢みと旨みを感じるひと品です。お⾁や⼩⿂など他の⾷材と合わせるのもおすすめ。おじやにしたり、お野菜のおやきにしたり色々なアレンジができるのも嬉しいですね。
① ころころ野菜のおだし煮

Photo by macaroni

編集部にママがいる、Tちゃんに実際に食べてもらいました。まんべんなく色々な野菜を食べていましたが、そのなかでもかぼちゃが特にお気に入りの様子。素材の甘さを感じていたのでしょうか。

野菜をさらに小さく切ったり、すりつぶしたり、味を付け足したり、ひと工夫すれば幅広い月齢の赤ちゃんが食べられる離乳食になっています。

② さつまいも豆乳プリン

② さつまいも豆乳プリン

Photo by macaroni

さつまいもの甘みと⾖乳のコクを生かした「 さつまいも豆乳プリン」。さつまいもを丸ごとふかしてペーストにした、野菜を⾷べる感覚で楽しめるおやつです。さつまいもの食感を残したやや硬めのペーストなので、赤ちゃんでもこぼさず食べられそうです。
② さつまいも豆乳プリン

Photo by macaroni

こちらもTちゃんに試食をお願いしました。終始ニコニコ食べていて、気に入ったみたい。甘さ控えめなので、甘いものに慣れていない幼児のおやつにはぴったりですね。小瓶に入っているので、おでかけのときにも持ち運びやすいのも嬉しいです。こちらのプリンは、離乳⾷中期からのお子さまにおすすめですよ。

やさいのおいしさを感じてほしい

やさいのおいしさを感じてほしい

Photo by macaroni

子どもの体にやさしい野菜でつくられている「やさいをたべるベビーフード」。おいしそうに試食してくれたTちゃんの様子からも、子どもの口に合う商品だということがよくわかりました。

もう大人のわたしにとってはやや薄味に感じられましたが、大人の何倍も味覚が敏感な赤ちゃんであるTちゃんは、素材の味をしっかり感じていたのでしょう。体に優しい離乳食を食べてすくすく大きく育ってほしいですね。
文:小林 萠(macaroni編集部)、写真:田上 大輝 (macaroni編集部)
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承下さい。

商品概要

「ころころ野菜のおだし煮」
希望小売価格:600円(税別)
内容量:110g

「さつまいも豆乳プリン」
希望小売価格:650円(税別)
内容量:70g

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni_review

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう