冬のいちおし!無印良品「手づくり鍋の素」シリーズでお手軽あったかごはん

無印良品から販売されている「手づくり鍋の素」をご紹介します。世界の郷土スープをお鍋にして味わうという、冬にぴったりな商品です。小ぶりなパッケージに封じ込まれた味わいはいかに!? 今回は筆者がシリーズの中から3点をセレクトして、作り方や味わいを詳しくお伝えします♪

2019年1月13日 更新

無印の「手づくり鍋の素」シリーズ

無印良品「手づくり鍋の素」3点

Photo by akiyon

無印良品で冬に買うべき商品。それは……ずばりお鍋の素!「手づくり鍋の素」シリーズは、国際色豊かなラインアップが魅力的で、すでにテレビでも話題の商品なんですよ。

あえて “和” にこだわらず、世界のスープ料理を鍋仕立てにしたところが、無印良品らしいですよね。ということで、今回は筆者おすすめの3商品をご紹介します!

1. しょうが香る 「サムゲタン鍋」

サムゲタン鍋の素

Photo by akiyon

290円(税込)

「サムゲタン鍋」の素は、チキンの旨みたっぷりのダシに生姜を効かせた、風味豊かな味わい。韓国のサムゲタンの味わいを “お鍋” として楽しむ、寒い季節にぴったりの商品です。

鶏もも肉や野菜、豆腐など好きな具材を煮込むだけでOK。白濁したチキンスープのコクと際立つしょうがの風味で食欲増進!体の芯まで温まりそうなお鍋が簡単に完成しますよ♪
サムゲタン鍋と取り皿、お玉

Photo by akiyohn

あらかじめ、鶏肉だけ時間をかけて煮込んでおくと、さらに旨みもアップしておいしいですよ。

しょうがの香りはかなり立ちますが、ほどよい辛味で食べやすいです。筆者は、お鍋の底が見えるまで食べつくしてしまいました……。〆はうどんやそうめんがおすすめ。スープを味わって、“こころ”もぽっかぽかになってくださいね♪

2. さわやかな酸味があと引く「トムヤムクン鍋」

トムヤムクン鍋の素

Photo by akiyon

290円(税込)

「トムヤムクン鍋」は、魚醤や蝦醤、レモングラスなど本場の素材をふんだんに使い、ライムとレモンで仕上げたわさやかな風味のお鍋の素。酸っぱくて辛い、旨味たっぷりの本格的なタイのスープ味わいを、手軽に楽しめます。

エビや鶏肉、好みの野菜を煮込んでいただきます。スープのコクがしっかりとしているので、強めの酸味や辛味とのバランスも◎ 煮込むほど深くなる味わいに、ひと口すすったらすぐにもうひと口……と止まらなくなりますよ♪
トムヤムクン鍋と器

Photo by akiyon

トムヤムクン鍋の素に水と牛乳を加えて火にかけ、具材を入れて煮込んだら完成!メインの具材は、鶏肉やエビのほか、薄切りの豚肉でしゃぶしゃぶ風にしてもおいしいですよ。

スープに入っているパクチーはほのかに香る程度なので、パクチーが苦手な人でも受け入れやすいと思います。〆は春雨、フォーなどで。スープと麺を一緒にすすって、残らず平らげてしまいましょう♪

3. アメリケーヌソースがコク深い「ビスク鍋」

ビスク鍋の素

Photo by akiyon

290円(税込)

「ビスク」は、エビの殻から作るアメリケーヌソースに野菜の旨味を加えたフランスのスープ。家庭で作るのは面倒ですが、この鍋の素なら家で再現するのもお手のもの!

チキンエキスやローストオニオンなども加わり、コク深い複雑な味わいのスープが凝縮されています。チーズとの相性も抜群なので、リゾットやフォンデュも楽しめますよ。
ビスク鍋と器、スプーン

Photo by akiyon

ビスク鍋の素を牛乳で溶き、具材を入れて煮込みます。メインの具材は鶏肉、白身魚、豚肉など、あるものでOK。お野菜もキャベツやトマト、じゃがいもなど好きなものを入れて楽しみましょう。

アメリケーヌソースの風味とコクが際立ち、少しとろみのあるスープがうまく包み込みます。スープにパンを浸して、旨味を丸ごといただきましょう!やけどにくれぐれもご注意を♪
1 / 2

特集

SPECIAL CONTENTS