あと少しのお楽しみ。成城石井「シュトーレン」でクリスマスを待ち焦がれる

クリスマスシーズンを盛り上げるドイツ菓子「シュトーレン」。今回は、成城石井オリジナルのシュトーレンの味わいと風味を、実際に食べてみてレポートいたします。スーパーの棚から気軽に購入したとは思えない本格的な味わいは、今年のいちおしシュトーレンに決定!ぜひ試してみてくださいね♪

クリスマスを待つ間のお楽しみ

ドイツのクリスマス菓子「シュトーレン」。今ではパン屋さんなどで見かけることも多く、年々人気が高まっています。薄くスライスして、クリスマスに向けて少しずつ食べるという慣わしも素敵ですよね。

実は昔パン教室に通っていた筆者、最初に作ったのがシュトーレンでした。だからか、シュトーレンへの思い入れも強く、毎年販売される時期になるとわくわくが止まりません……。今年はどのお店で選ぼうか迷っていたら、成城石井で気になるシュトーレンを発見!

成城石井が贈る。伝統的な「シュトーレン」

器にのせたシュトーレン。クリスマスツリーとコーン。

Photo by akiyon

2,190円(税抜)

成城石井のオーソドックススタイルな「シュトーレン」。箱入りの小さいタイプもありましたが、ずっしり重く大きいタイプを購入しました。大きさはおおよそ12×17cmで、中身が見えるラップ包装にクリスマスカラーのリボンがかけられています。

商品名は「5種のドライフルーツのシュトーレン」。成城石井セントラルキッチンで製造のオリジナル商品です。
包装を解いたシュトーレン

Photo by akiyon

包装を解くとたっぷりのお砂糖でコーティングされたシュトーレンが登場しました。同時に洋酒の香りがふわり♪ 一気にクリスマス気分が高まります。

生地には、洋酒漬けのドライフルーツがたっぷり練り込まれています。薄くスライスして食べてみましょう。

生地とドライフルーツの絶妙な一体感

スライスしたシュトーレン

Photo by akiyon

まず感じるのは、シナモンの香り。ドライフルーツと生地の一体感がたまりません。

5種のドライフルーツ(イチジク、レーズン、クランベリー、オレンジピール、レモンピール)に加えて、くるみやアーモンドなどのナッツ類も入っています。すべての具材が合わさり、噛むたびに甘味と酸味を感じられますよ。薄いスライスでも存在感たっぷりです♪
スライスしたシュトーレンのアップ。フォーク。

Photo by akiyon

シュトーレンは日が経つほどに、生地とフルーツの熟成が進んで味わいも変化します。どんな味になっていくのか確かめながら食べるのも楽しいですよ。

全体にまぶされた砂糖のシャリシャリ食感もいいアクセントに。味のまとめ役も兼ねています。

コーヒーや紅茶にもちろん合うので、おやつだけでなく、朝食としていただいても◎ この季節だけの味わいを、ぜひ体験してみてくださいね♪

おいしすぎてクリスマスまで残らない!?

シュトーレンとお皿、コーヒーカップ。

Photo by akiyon

クリスマス当日まで少しずついただくシュトーレン。しかし、おいしすぎて気づけば一日に何切れも……!今回購入したものの賞味期限はちょうど12月25日ですが、クリスマスを待たずになくなってしまうこと確定です♪

商品情報

■商品名:5種ドライフルーツのシュトーレン
■価格:2,190円(税抜)
■原産国:日本
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承下さい。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

akiyon

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう