「孤独のグルメ」モデル店の浅草『梅むら』の豆かんで癒される♪

マンガ「孤独のグルメ」のモチーフとして登場する有名な浅草の老舗甘味処「梅むら」の豆かんてんは素直で優しいお味で、疲れでコリのたまった心と体がリラックスしていくのがわかります(*´ω`*)

浅草の甘味処「梅むら」

浅草寺の少し北側、大通りの裏手にある小さな甘味処「梅むら」。小さいですが行列の出来るお店として有名です。そして、もうひとつ有名な理由が・・・

それは

孤独のグルメ

ドラマにもなって大人気のマンガ「孤独のグルメ」に登場するお店のモチーフとしても有名なのです。「孤独のグルメ」ファンがよく訪れているそうですよ。人気メニューは、「豆かんてん(通称豆かん)」。

もちろん、お味の方は・・・
漫画そのままですね。笑 素朴な味で美味しかったです。蜜が深い味。寒天もサクサクしてて。豆は、ちゃんと豆の味がする。ちなみに、ネット情報ですが、「豆かん」というメニューの元祖は、こちらのお店だそうです。へぇ~!

出典: novelsounds.jp

そして口の中でやわらかくほどけるえんどう豆と、しっかりした、でも上品な寒天。えんどう豆、寒天、糖蜜、それ以外には、いかなる夾雑物も入っていない。(~中略~)純粋な、清らかな、豆かん。

出典: tabelog.com

梅むらの豆は、見た目通りでふっくらとしていて豆のポソポソ感はない。豆が嫌いな人でも、つるんと抵抗なく食べられる。(~中略~)梅むらの寒天は、飲み込んだ後にテングサの香りがふわ~っと広がる。

出典: www.kazumin.net

そう、本当に「素直で自然の風味あふれるお味」で、日々の疲れでコリ固まった心と体をやんわりと癒してくれるような、そんな優しいお味なんです。
スイーツというと、ついついクリームたっぷりのケーキやパフェばかり食べてしまいがちですが、たまにはこういう和風の甘味も心と体に優しいですよ♪

お店の詳細情報

住所:東京都台東区浅草3-22-12
電話番号:03-3873-6992
営業時間:12:30~19:00
定休日:日曜日
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13008698/

こんな記事もいかがですか?

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

syuichi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう