最旬グルメもそろう。銀座の新たな社交場「PLUSTOKYO」がオープン

東京・銀座のキラリトギンザに、都内最大級のミュージックラウンジ「プラストーキョー(PLUSTOKYO)」がオープンしました。新たな “オトナの社交場” として早くも話題になっている「プラストーキョー」とはどんなお店なのでしょうか?

2018年12月5日 更新

新たなミュージックラウンジが銀座にオープン

エンターテインメントのコンサルティング事業を行う「ワクワクワークス」が手掛けた、新たな “オトナの社交場”「プラストーキョー(PLUSTOKYO)」が、2018年11月27日(火)、銀座にオープンしました。

銀座の社交場「PLUSTOKYO」

場所は東京・銀座一丁目にあるキラリトギンザ内。音楽を軸に、アート、フード、エンタメの要素を併せ持った、クラブでもあり、カフェバーでもあり、ギャラリーでもある “オトナの社交場” で、新しい遊び方を提案するミュージックラウンジです。

お店は、12階のホテルロビーをテーマにした約300坪のラウンジフロアと、銀座の街並みが一望できる約180坪のルーフトップの2フロアで構成されています。
メインフロア「LOBBY」には、銭湯絵師、中島盛夫氏による富士山をモチーフとした壮大なアートも設置。「MAINBAR」には彫刻家タク・オバタ氏による木彫りのB-BOY人形が。さらに「SALON」にはワタル・コマチ氏の斬新なアートも。

ルーフトップには、銀座とは思えない広大なスペースが広がり、夏場には昼夜問わずバーベキューを楽しめます。2019年4月頃には中央スペースにメリーゴーラウンドが設置予定。夜はライトアップされ、昼とはまた異なる表情を見せてくれるようです。

注目フードもずらり

デイタイムにはスペシャルなセットブランチが1,700円から楽しめます。ナイトタイムにはフルーツとフォアグラの最中をはじめとするフィンガーフード、京都産の鴨やこの華牛の肉料理などのディナーメニューがいただけます。
こちらは「PLUSTOKYO」イチオシの「湖南スパイスチキン」
ブランチタイムに人気の「ズワイガニとソフトシェルクラブのリングイネ」
食のクリエイターたちによるコラボメニューも充実しています。東京の「ザ グレートバーガー(THE GREAT BURGER)」と大阪の「クリッターズバーガー(CRITTERS BURGER)」が共演する「PLUSTOKYOバーガー」もそのひとつ。
原宿で人気の「グッドタウンドーナツ」も出店。またルーフトップでは「フードマーケット」や「真夜中寿司」も今後展開される予定です。

自分だけの “プラス” をみつけに

「PLUSTOKYO」というネーミングは、訪れる人たちのライフスタイルが少しだけポジティブ(+/プラス)になるようにとつけられたそうです。+ART、+MUSIC、+FOOD、+DRINK、+ FASHION、+CULTURE……。自分だけの"プラス" を「PLUSTOKYO」で見つけてくださいね。

店舗情報

■店舗名:プラストーキョー(PLUSTOKYO)
■最寄駅:東京メトロ「銀座一丁目駅」9番出口より徒歩1分
■電話番号:03-3563-3776
■営業時間:
月~木 11:00~翌3:00/金・土 11:00~翌5:00/日 11:00~24:00
■定休日:無休
■公式HP:https://plustyo.com/

特集

SPECIAL CONTENTS