店員がいない?業界初の「寿司ブリトー」専門店が秋葉原にオープン

今アメリカで人気上昇中の「寿司ブリトー」をご存知でしょうか。アメリカ西海岸発祥の、寿司とブリトーが合体したファーストフードなのですが、このたび、業界初の「寿司ブリトー専門店」が秋葉原にオープンしました。一体どんなお店なのでしょうか。

2018年12月16日 更新

日本初の寿司ブリトー専門店

寿司ブリトーとは、日本の巻き寿司とメキシコのブリトーが融合した、アメリカ西海岸発祥のファーストフードです。歩きながら片手で手軽に食べられるというスタイルが注目され、いまやヨーロッパ、オーストラリア、中東にまで広まっています。
その寿司ブリトー専門店が、2018年11月30日(金)、日本で初となるオートメーションレストラン「ビートスシブリトートーキョー(beeat sushi burrito Tokyo)」として秋葉原にオープンしました。その販売方法はとっても "ハイテク" 。さっそくご紹介しましょう。

秋葉原「ビートスシブリトートーキョー」

レジはすべてAIが対応!

銀座線「末広町駅」より徒歩2分、JR「秋葉原駅」より徒歩9分の場所にある「ビートスシブリトートーキョー」は、日本初の寿司ブリトー専門店です。店内にはレジスターや注文を受ける店員はいません。

価格設定はすべて時価となります。その日のメニューの素材や購入の時間帯などの条件によって、AIが価格を決めます。対面無人、キャッシュレスやモバイル決済など、まるで近い未来の飲食店テクノロジーのショールームのようですよ。

注文は3STEP!

オーダーはたったの3STEPで完了。まずはスマホでユーザー登録。続いてオンラインで注文します。支払いはクレカやAmazon Payなどが利用でき、キャッスレッシュでスピーディ。オーダー時に調理のできあがり時間がわかり、時間指定も行えるため待ち時間がありません。

受渡しは、サービングボックス内に2次元バーコードのついたパッケージが置かれているので、そこから受け取るだけ。ボックス内のLEDと上部のサイネージでオーダーのステータスが確認できるので、とてもスムーズです。
1 / 3

特集

SPECIAL CONTENTS