連載

【料理上手の器えらび vol.7】akoさんの物語

「器」使いが素敵なインスタグラマー100人でつなぐリレー連載。お気に入りの器を選ぶ目、器とお料理のコーディネートが卓越している「料理上手」さんたち。今回は心あたたまるテーブルフォトを投稿されている、akoさんが登場します。

2018年12月4日 更新

今日の料理上手さん

 今日の料理上手さん

@___a50a___さん

心あたたまる器選びやテーブルコーディネートが魅力のakoさん。うつわの種類のなかでも豆皿の使い方や組み合わせが評判で、うつわ好きからも支持を得ている。

だから、やっぱり器が好き

だから、やっぱり器が好き

Photo by ___a50a___

ーー器を好きな理由や、器を使うことで起きる心の変化について教えてください。

「今日は雨だから雫の形の箸置きにしようかなとか、器全部の色を揃えたら楽しいかなとか、その時の思いつきで即興性のある遊びができるのが器の楽しさだと思います。自分のお気に入りの器一つひとつがうまく組み合わせられた時の満足感は、他では感じられないものですね」

「器えらび」のこだわり、あれこれ

「器えらび」のこだわり、あれこれ

Photo by ___a50a___

ーー「器えらび」のポイントを教えてください。

「まずは直感で『これが欲しい!』と思えるかどうかがとても重要です。そして手に持った感じがしっくりくるかどうか。手持ちの器と組み合わせた時に、馴染みが良さそうな器かどうかも考えます。私は豆皿を並べたごはんを作ることも多いので、サイズ感もしっかり吟味します。」

わたしのお料理は、あなたに夢中

ーーお気に入りの器ブランド・器作家さんを教えてください。

小澤基晴

小澤基晴

Photo by ___a50a___

「初めて作家物の器を買いに行った時に気に入って買ったのが、小澤さんの器でした。器についてなにも知らない私でしたが、見た瞬間から『この作家さんの器が好き!』と確信してドキドキしながら帰ったのを覚えています。

実際に使ってみると、安定感のある佇まいや釉薬の柔らかな美しさ、扱いやすさのとりこになって、小澤さんが参加する企画展などに足を運び、コツコツ集めるようになりました。」

溺愛!器コレクション3選

ーー愛用する器の中から、とっておきの器を3つ選ぶとしたら?

小澤基晴|輪花豆皿

小澤基晴|輪花豆皿

Photo by ___a50a___

「小澤さんの器といえば、この輪花豆皿を思い浮かべる方も多いと思います。とてもかわいらしい器で、私はもっぱら朝ごはんの小さなおかずを盛り付けるのに使っています。

輪花豆皿が並んだ朝食は食卓がパッと明るくなり、その様を見るといつも幸せを感じます。インスタグラムでは輪花豆皿を3枚並べて『輪花三姉妹』と名付けて楽しんでいます」

運天達也|リムプレート

運天達也|リムプレート

Photo by ___a50a___

「木灰と墨で仕上げ、木の欠けを活かしたプレートにはパンとスープを盛り付けることが多いです。陰影のあるプレートが、鮮やかなサラダやスープを生き生きと見せてくれます。太いリムにカトラリーやお菓子などをのせて、遊び心を持たせられるのもお気に入りポイントです」

松本郁美|オーバルプレート

松本郁美|オーバルプレート

Photo by ___a50a___

「フランスアンティークのような形に、松本さんの掻き落としの絵付けが施されたプレート。こんもりとカレーを盛り付けることも、鳥と花の絵が見えるようにお菓子とコーヒーをのせることもあります。

シンプルな器の中にひとつ松本さんの器が入ることで、物語が始まるようなワクワクした気持ちになれます。柄物の器があまり得意ではない私でも取り入れやすい絵と器のバランスの良さも大好きです」

運命の器と出逢う場所

ーーいつも器を購入するお店を教えてください。

shizen

shizen

Photo by ___a50a___

「店主の刀根さんのセレクトは、一見シンプルかつ渋い物が多いように感じますが、よく見ているとじわじわと素敵さが伝わってきて、のせる料理が次々と思い浮かびます。『一食たりとも無駄にせず器を使って楽しみたい』という刀根さんの器愛には、いつも敬服しています」

「器えらび」をもっと楽しく

「器えらび」をもっと楽しく

Photo by ___a50a___

ーーこれから器を買われる方、器をどう選んでいいかわからない方にアドバイスをお願いします。
「いまインスタグラムでは、たくさんの素敵な器を見ることができますよね。それを参考にするのももちろん良いことだと思いますが、自分の“好き”を信じてみるのも良いと思います。初めて見る作家さんの器でも『これは素敵だ!』と感じ、その器を使っているところがすんなり想像できる器が必ずあると思うのです。

美術館や博物館などに足を運び、長い時間を経て“本物”とされている器を眺め、自分の中の基準をなんとなく持っておくのもいいのではないでしょうか。」

今、気になる「料理上手さん」

ーー日頃参考にしている「器えらび」が得意な料理上手さんを教えてください。
 今、気になる「料理上手さん」

@rrrrriiiiiさん

「お洒落で温かみのあるテーブルに、さまざまなおいしそうな料理が並ぶ rrrrriiiii さんの食卓。器の組み合わせや小物使いで、落ち着いた料理たちがぐっと魅力的になる魔法のようなスタイリングは、rrrrriiiii さんならでは。その秘密を私も知りたくてたまらないのです」
次回は@rrrrriiiiiさんに「器」のこだわりを教えていただきます。どうぞお楽しみに♪
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

マカロニメイトニュース

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう