おいしく冷凍!低温に弱いきゅうりを保存するコツ

きゅうりは低温に弱い野菜ですが、正しく下ごしらえすれば、おいしく冷凍保存することが可能です。今回はきゅうりを冷凍で保存する際の、コツを紹介します。解凍したきゅうりはポテトサラダやきゅうりの和え物がおすすめです。

きゅうりの冷凍保存方法

この記事は、毎日の生活を野菜で楽しく、 カゴメが運営する野菜専門メディア「VEGEDAY」の提供でお送りします。
きゅうりを冷凍するための下ごしらえは、とても簡単です。冷凍で約1カ月程度、保存できますので、試してみましょう!おいしいきゅうりの選び方はコチラ
きゅうりを、薄い輪切りにします。
輪切りしたきゅうりをボウルに入れ、塩少々を加えてもみ込みます。
5分ほどおくとクタッとしてくるため、手で絞って水気を抜きます。
1本分ずつに小分けして、ラップで包みます。
冷凍用保存袋に入れて、冷凍庫へ。

冷凍保存したきゅうりを調理する場合

冷凍したきゅうりは自然解凍します。
時間がない時は、ラップを取り外してから、ザルに入れて熱湯をかけます。
自然解凍した場合も、熱湯で解凍した場合も、不要な水気を手で絞って抜きます。

最後に

冷凍したきゅうりは、解凍後にそのまま食べるよりも、ポテトサラダや酢の物などにするのがおすすめ。時短でサッと一品足したいときにも便利です。大量に手に入ったら余った分を冷凍保存して、賢く食べきりましょう!
提供元:

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

VEGEDAY

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう