提供 アサヒビール株式会社

「ボージョレ・ヌーヴォ」を超える味。特別なヌーヴォで解禁をお祝い

毎年恒例、ボージョレ・ヌーヴォの季節がやってきました。2018年の味わいも気になるところですが、スタンダードな「ボージョレ・ヌーヴォ」よりリッチな味わいのヌーヴォがあることをご存知ですか?好みに合わせて選べる豊かなラインナップをご紹介!

2018年のボージョレ・ヌーヴォの味わいは?

2018年のボージョレ・ヌーヴォの味わいは?

Photo by macaroni

今年も11月15日(木)にボージョレ・ヌーヴォが解禁されました!130年の歴史を誇る老舗ワイナリー「アンリ・フェッシ」の新作発表会にて、醸造責任者のローラン・シュヴァリエさんに今年のヌーヴォの味わいを伺いました。2018年の暑い夏をこえて、どのような味わいに仕上がっているのでしょうか。

さらに、「ボージョレ・ヌーヴォ」よりもさらにハイクラスな特別なヌーヴォも登場。豊かなラインナップをご紹介します。

2018年は「果実味あふれ、活き活きとした味わい」

2018年は「果実味あふれ、活き活きとした味わい」

Photo by macaroni

ワイン色のシャツをお召しになって登壇したのは、「アンリ・フェッシ」醸造責任者のローラン・シュヴァリエさん。今年のボージョレ・ヌーヴォの出来栄えについて「収穫量が多かったうえに、結実したぶどうの品質も高く、とてもバランスのよい年」と発表。これは、8月、9月と暑い夏が続いたため。約2週間かけて、丁寧に収穫したそうです。

テイストについては「豊かなやわらかさのある味わい。ベリーの中でもイチゴやフランボワーズなどの赤い果実よりも、カシスやクワの実など、色の濃い果実のようなニュアンスの強くなった年」と、果実味の豊かさを強調しました。

ボージョレ・ヌーヴォ2018

ボージョレ・ヌーヴォ2018

Photo by macaroni

まずは「ボージョレ・ヌーヴォ2018」からいただきます。ほのかに紫がかった、透き通るような赤色。この色に「訴えかけてくるような真の強さ」が感じられると、よく熟したぶどうであるとわかるんだとか。確かに、透明感の中に深みも感じられます。

ひと口含んだ瞬間、パッと花開くような明るい風味に驚きました。凝縮された華やかな果実味と、まろやかなタンニン。ワイン初心者でも飲みやすいフルーティな味わいに仕上がっています。

ローランさんは今回、ボージョレ・ヌーヴォとお寿司のペアリングに挑戦したそうですが、日本の食材とも相性抜群だったそう。普段の食卓へカジュアルに取り入れたくなる、親しみやすい味わいです。

収穫地によって、さらにリッチな味わいに

収穫地によって、さらにリッチな味わいに

Photo by macaroni

「ひと口にボージョレ・ヌーヴォと言っても、原料であるぶどうを収穫した地域によって、味わいも変わってきます」とローランさん。緑色の線で囲まれた中でも、南半分のうすいピンクに塗られている部分が一般的に「ボージョレ」と呼ばれるところ。もっとも畑の面積が広く、スタンダードなボージョレ・ヌーヴォがつくられる地区です。

中央のオレンジの部分が、南部よりさらに質の高いぶどうがとれる「ボージョレ・ヴィラージュ」。さらに北には、最上級の質のワインを生産している10地区「クリュ・ デュ・ボージョレ」が広がります。地区によって地質が異なり、北上するにつれてよりストラクチャー(骨格)の強い、しっかりとした味わいに仕上がるんだとか。好みや料理に合わせて、地域を選ぶとさらに楽しめるそうですよ。

「ボージョレ・ヌーヴォ2018」よりも北部の地域で生産された2種をご紹介します。

ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ "マリオン"2018

ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ "マリオン"2018

Photo by macaroni

こちらは、創業者であるアンリ・フェッシ氏の娘・マリオンさんの名を冠したひと品。クリュ・デュ・ボージョレのなかでも「ボージョレの女王」と呼ばれるフルーリー村産のぶどうのみを使用しています。可憐な花のイラストで彩られたエチケットとギフトボックスから、華やかな味わいが期待されます。

深いルビー色の「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ "マリオン"2018」を口に含むと、カシスのような深みのあるベースの上にフランボワーズやバラの花のような甘い香りが感じられます。あと味はすっきりとしているので、お料理にもよく合いそう。飲みごたえもありながら、女性的な華やかさとしなやかさを兼ね備えた味わいです。

オマージュ・ア・アンリ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ2018

オマージュ・ア・アンリ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ2018

Photo by macaroni

創業者であるアンリ・フェッシ氏とその祖父「ふたりのアンリへ捧ぐ」という意味が込められた「オマージュ・ア・アンリ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ2018」。平均樹齢80年(一部100年)の古木からできるぶどうを厳選して使用しています。130年の伝統を守り続けるアンリ・フェッシ社のワインを物語るような、象徴的なひと品です。

ひと口目から、濃縮され複雑に混ざり合った果実の風味、しっかりとしたストラクチャーのインパクトに心を奪われます。余韻も長く続き、確かな存在感を放っています。ヌーヴォならではのフレッシュさも、満足感のある飲みごたえも求める方にオススメしたい特別なヌーヴォです。

酸味を生かしたお料理に合わせて

酸味を生かしたお料理に合わせて

Photo by macaroni

ボージョレ・ヌーヴォと相性のよいお料理も教えていただきました。みずみずしくフルーティな味わいのヌーヴォには、酸味のあるお料理がよく合います。バルサミコを使用したピクルスや、クセの少ないモッツァレラなどのチーズ。

もちろん、赤身肉とも相性抜群。果実味豊かな「ボージョレ・ヴィラージュ2013」を贅沢にソースへ使った鴨のローストと合わせていただきました。キャラメリゼしたソースの香ばしい風味とフルーティな甘みが、ヌーヴォによく合います。
▼ボージョレ・ヌーヴォアンバサダー・小倉優子さん考案の「ワインに合う簡単オススメ料理」のレシピを公開中!

個性豊かなヌーヴォで乾杯。

ボージョレ地方内でも、地区によって個性豊かな味わいの違いが楽しめるボージョレ・ヌーヴォ。今回ご紹介した3種だけでなく、全12種14商品が発売されています。好みに合わせたひと品で、秋の収穫をお祝いしてはいかがでしょうか。

商品概要

商品概要

Photo by macaroni

アンリ・フェッシ ボージョレ・ヌーヴォ 2018
価格:750ml 2,180円、375ml 1,280円

アンリ・フェッシ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ "マリオン"2018
価格:750ml 5,000円(ギフトボックス入り)
※数量限定

オマージュ・ア・アンリ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ2018
価格:750ml 6,000円(ギフトボックス入り)
※数量限定

発売日:2018年11月15日(木)
発売場所:アサヒビールオンラインショップ「アサヒショップ」

特集

SPECIAL CONTENTS