目指せ美ボディー!タンパク質が多い食べ物と効率的な食べ方【管理栄養士監修】

ダイエットやトレーニングをされている方に特に必要なタンパク質。一体どんな役割があり、どんなものに多く含まれているのでしょうか?そこで、タンパク質のはたらきや多く含まれている食品、また効率的にとる方法についても解説したいと思います。

2019年3月19日 更新

3. 親子丼

たまごと鶏肉、ふたつのタンパク源を使う親子丼はタンパク質をしっかりととることができます!こちらのレシピは鶏肉の中でもよりタンパク質が多いむね肉を使っているのが嬉しいですね♪

4. かつお

タンパク質とタンパク質の代謝に欠かせないビタミンB6を含むかつお。お刺身のイメージがありますが、カルパッチョにしてもおいしくいただけます♪ 野菜やかつおを切って盛り付け、調味料をかけるだけなのでとっても簡単なレシピですよ。

5. チャンプルー

ランチョンミートと豆腐のふたつのタンパク源が入ったチャンプルー。こちらのレシピはなんと米ぬかも入っています!お野菜もたっぷり食べられるのがチャンプリーの嬉しいところ。お野菜はお好きなもので大丈夫ですよ!

上手にタンパク質をとろう!

タンパク質は私たちの筋肉や肌、ホルモンを作る大切な成分です。特にダイエットやスポーツをされている方は、タンパク質をしっかりとらないと筋肉が減り、太りやすい体質になってしまうことがあり注意が必要です。

タンパク質は肉では脂肪が少ない部位、魚では青魚や赤身の魚に多く含まれ、ほかにたまごやゆば、チーズにも豊富に含まれています。効率的にタンパク質を摂るには、動物性タンパク質と一緒にとったりビタミンB6もとったりと工夫が必要。

ぜひ上手にタンパク質を摂るようにしてみてくださいね。
【監修・文】管理栄養士:永吉峰子
大手小売業で商品開発を担当後、独立。「身近な管理栄養士」をテーマに、健康相談・レシピ開発・記事の執筆を行っています。
▼献立のコツを覚えよう!
4 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

fujiko0503

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう