作りおきや食材保存に。美収納を叶える「保存容器」特集

キッチンでごちゃつきがちな食品類。開封済みの麺類や乾物、調味料、作り置きおかず……。さまざまな食品類はその特性に合った保存グッズを選ぶのが重要です!今回は収納にこだわる筆者が、実際に愛用しているグッズを5つご紹介いたします。

2019年3月10日 更新

下ごしらえした食材の保存に

下ごしらえした食材の保存に

Photo by yururira

忙しい朝はサラダを作るのも大変。野菜や果物はあらかじめカット・水洗いし、ホーロー保存容器に保存しています。リンゴは塩水に漬け込むので、塩や酸に強いホーロー製は重宝しています。朝にまな板と包丁を出さないだけで、ずいぶん家事が楽になりますよ♪

4. OXO「ポップコンテナ」

4. OXO「ポップコンテナ」

Photo by yururira

レクタングルショートサイズ:1,620円(税込)

粉系調味料や乾物の保存は、OXOのポップコンテナに保存しています。きっちり密閉できて、ワンタッチでフタの開け閉めができる優れものです。この容器に保存するようになってから、塩が固まったりすることがなくなりました。

機能性も見た目も抜群!

機能性も見た目も抜群!

Photo by yururira

キッチンの引き出しには調味料を収納しているのですが、OXOのポップコンテナは真っ白ですっきりとした見た目がお気に入りです。砂糖・塩・小麦粉・片栗粉・わかめ・のり・コンソメキューブなど、料理でよく使う調味料を入れています。

レクタングルショートサイズは、1.4L分の砂糖や塩がちょうどおさまるサイズです。サイズ展開も豊富なので、いろいろ組み合わせて積み重ねられるのもポイントですよ!

5. mon・o・tone「A4ブック型ケース」

5. mon・o・tone「A4ブック型ケース」

Photo by yururira

500円(税込)

最後にご紹介するのは、筆者が愛用するショップ「mon・o・tone」のブック型ケースです。キッチン用品ではないのですが、スリムで汚れがつきにくい素材なので、キッチンで大活躍しています。

こまごました食品の保存に!

こまごました食品の保存に!

Photo by yururira

迷子になりがちな、開封済みのふりかけやだしの素、麺類などを保存しています。大まかにカテゴリー分けして収納し、ラベリングしておくとわかりやすいですよ!カラフルなパッケージがうるさくなってしまう食品類も、白いケース内に入れると美しく収納できます。

特性に合う収納グッズを活用してみて!

特性に合う収納グッズを活用してみて!

Photo by yururira

食品類の保存は、入れるものの特性に合わせて、無理なく衛生的にかつ美しく収納したいですよね。またアイテムが違っても、色が統一されるだけですっきりと見えるのも密かなポイント。ぜひ実践してみてくださいね。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので予めご了承ください。
2 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yururira

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう