【レポ】カフェ併設・自由が丘「ベイク」のチーズタルトを食べてきた!

北海道で年間400万個を売上げる焼きたてチーズタルトの専門店「ベイク」が、自由が丘に都内2店舗目となるお店をオープンしました。今回はプレオープンに潜入し、看板メニューのチーズタルトや限定メニューを食べてきましたよ。

自由が丘「ベイク」で絶品チーズタルト

北海道生まれのチーズタルト専門店「ベイク」が、自由が丘にて、都内2店舗めとなる店舗をオープンしました。
都内第一号の「ルミネエスト新宿店」はオープン1ヶ月で9万個を売上げるなど、関東近郊のスイーツ好きを中心に大大大注目を浴びてるお店なんです。
そんなベイクが満を持してオープンした東京随一のオシャレな街・自由が丘!なんでもコチラのお店では、「工場直売」をコンセプトにした焼きたてのチーズタルトを食べることができるんです。
今回はそんな「ベイク 自由が丘店」のプレオープンに潜入してきちゃいましたよ。

全面ガラス張りの「ベイク 自由が丘店」

自由が丘駅の南口を出て1分ほどの場所に、ベイク自由が丘店があります。一階の販売スペースはオールガラス張りで、あたたかな日光が店内を照らしています。
3階立ての建物になっており、2階はカフェスペース、3階はベイクのオフィスになっています。
全面ガラス張りという外観のため、店内で働くスタッフの様子、ウリのチーズタルトが並べられた様子がはっきり見えてきます。

店内には圧巻のチーズタルト

店内に入ると、チーズタルトがずらりと並んでいます。まるで黄色く染まった地平線を眺めているよう……。香ばしい良い薫りが立ち込めます。
なんでも通常営業の際は、これよりもさらに多いトレー10個分が用意されるとのこと。大人気のベイクで、駅近の立地と客層を考えると納得の量ですね!
こちらがクッキー生地!これにチーズムースをチューっと注入したあとに、さらに二度焼きすることで、サクサクしっとり食感が実現できるのだそう!
生地とチーズムースをその場で焼いて販売するので、いつでもサクサク食感とチーズケーキのしっとりとした口当たりを楽しめるのが自由が丘店の特徴です。
1階スペースにずらっと並ぶ、おいしそうなタルトを見たら、もう我慢できないですよねっ!2階のカフェスペースへ急行します!!

白を基調としたマリンスタイル

特集

SPECIAL CONTENTS