蒸し料理の基本「せいろの使い方」をマスター!

蒸し料理をするときに使う「せいろ」。杉や竹、ヒノキなど天然の木の素材を生かした調理器具です。せいろを使うようなお料理はなんだか本格的な感じで縁がないと思う方は、その考え方を改めましょう!今回は、蒸し料理の基本「せいろ」の使い方を紹介します!

2018年11月20日 更新

使用後の洗い方

せいろの使用後は、お湯で湿らせた布で拭くだけのかんたんなお手入れでOK!洗剤を使うのは、天然の木の素材にその成分が染み込んでしまうおそれがあるので避けましょう。また、流水で洗うことも、その水分が乾ききらずにカビになってしまうことがあるので、できるだけ布で拭き取るようにしてください。

ただし、お肉やお魚などの油がついてしまったときにはぬるま湯で洗い流し、しっかりと乾かすようにしましょう。

保管方法

しっかりと乾燥させたあと、湿気が少ない場所で保管するようにしましょう。棚の上で、ポリ袋に包まない状態で保管、もしくは壁に吊るしかけるような状態で保管すると通気性がよく、しかもインテリアの一部としての効果も見込めます♪

カビが生えてしまったときの対処法

カビは一旦生えてしまうと、表面だけではなく内側まで侵食しています。ホワホワとした外側まで出ているカビを取ったとしても、黒いカビシミは洗っても取れることはありません。

気になる方は、残念ですが消耗品として捨ててしまうことも方法のひとつですが、ヤスリでその部分を擦って黒ずんだカビのシミをとる方法もあります。

擦ったあとには、水で薄めたお酢のなかに浸けておくとカビの繁殖を妨ぐことができるそう!

せいろはお料理初心者も使いやすい調理器具!

蒸し料理の基本の調理器具、せいろの使い方についてをまとめました。せいろを使ったお料理は、一見調理がむずかしそうですが、お湯を沸かしてそこにせいろをセットするだけで調理は完了♪ むずかしい工程は一切ないんです。

また、食品の温め直しもできるので、遅く帰ってきた日の夜ごはんも、冷蔵庫に入っているものをせいろに入れて蒸すだけでOK!かんたんに、おいしくて温かいお料理を作ることができるので、お料理初心者という方でもとっても使いやすい調理器具です。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
5 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう