2. 特製バジルソースをかけて「たまねぎスープカレー」

スープはレンジにおまかせの、気軽に作れるレシピです。具は玉ねぎと、マーガリンでこんがりソテーしたじゃがいもだけでシンプル。フライパンに残ったオイル分で作るバジルソースは、おしょうゆとシナモンが香ってほどよいインパクトが感じられます。 忙しい朝ごはんにもピッタリで、お好みで目玉焼きやウィンナーを添えてもステキですね。

3. 和を感じる「パクチースープカレー」

かつおぶし、昆布だし、おしょうゆで風味を付けたスープカレーに、エスニックな香りのパクチーをON。三つ葉と同じセリ科のパクチーは、意外と和風の味付けとも好相性なんですよ。パクチーが苦手でない方は、ぜひ試してみてくださいね。 ロブジョン氏のおしょうゆがない場合は、大さじ1杯のおしょうゆに、リンゴジュースや顆粒だしを少しずつ加えて大さじ2杯にしたもので代用しましょう。

4. 圧力鍋使用「スペアリブのスープカレー」

パッと目を引く骨付きスペアリブは、圧力鍋使用でトロッとやわらかな食感。トッピングには冷凍ハンバーグものせていて、ダブルのお肉使いが豪華な印象のひと品です。赤ワイン仕立てのスープはコクや旨みが濃厚で、これまたリッチな味わいになっています。

5. カレー粉と合わせた本場の味「北海道流スープカレー」

プレーンヨーグルトに漬け込んだチキンはホロホロとやわらか、ジューシーな旨みのなかに爽やかな酸味が感じられる本格仕様です。スープはカレー粉とルーを両方使うことで奥深く、シナモンスティックとローリエでほのかに甘くビターな香り高さを出しています。 お店のようなおいしさを、おうちでも楽しめるレシピですよ♪

スープカレーで、心も体もホットに!

特別なスパイスがなくても作りやすく、ルーがちょっとだけ残ってしまっているときにも便利そうですよね。野菜がたっぷり食べられますし、そのときどきの旬のものでアレンジがしやすいのも助かります。 普通のカレーよりもサラッとしているので、スッと食べやすいのも嬉しいところ。夕食はもちろん、おうちでのおしゃれランチやお休みの日のブランチ。元気いっぱい過ごしたい日の朝食にもピッタリですよ。スパイシーなものが恋しくなる暑い季節も、体の芯から温まりたい寒い季節も、ぜひスープカレーでパワーをチャージしてみてくださいね!
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS