すき焼きやるなら専用鍋で!すき焼き鍋のおすすめ商品9選

おうちすき焼きをどんな鍋で作っていますか?専用鍋を使うと、いつもの味がぐっとランクアップするんですよ。高い熱伝導率や旨みを逃がさない効果など、すき焼き鍋独自の良さを実感してみましょう。今回は、すき焼き鍋のおすすめ9商品をご紹介します。

2018年10月30日 更新

素材

昔からすき焼き鍋に使われているのは鉄。熱伝導率が高くお肉の旨みを引き出してくれると言われていますが、サビが出ることがあるのでお手入れに少し手間がかかります。

手間がかからないすき焼き鍋が良い方は、ホーローやテフロン加工、フッ素加工の素材を選ぶと良いでしょう。

IH対応かどうか

最近増えてきているIHクッキングヒーター対応のキッチン。新しくお鍋を買うなら、IH対応かどうかもチェックしておきましょう。

ガスとIH両方に対応しているお鍋もあるので、はじめはキッチンのガスコンロで加熱し、温まったらIHの卓上コンロをテーブルに置いていただくという食べ方もおすすめです。

サイズ

すき焼き鍋は20cmで1人から2人、24cmで3人から4人、28cmで5人から6人分を目安に選ぶと良いです。毎日使うものではないので、収納スペースやテーブルに置いた時のサイズ感なども考えて選ぶと使いやすいです。

おかずとして少量のすき焼きを作りたい方は、スキレットのようなミニサイズも良いですよ。

デザイン性

テーブルに置いて使うことが多いすき焼き鍋。デザイン性の高いものを選ぶと、おうちごはんがぐっとおしゃれになります。

真っ黒な鉄製のものならスタイリッシュなデザインのもの、カラフルなものが好みでしたら、海外メーカーのホーロー製のすき焼き鍋もおすすめです。

2 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

4575

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう