スーパーの野菜選び。より甘いカット大根を見つけるコツ

店頭ではよくカットされた大根を見かけますが、どの部位にしようかと迷った経験はありませんか?実はこの大根、選ぶ部位によって、味も硬さも異なるんです! 今回は甘さのある大根を選ぶコツと、各部位の特徴に合わせた料理法をご紹介します。

甘い大根の選び方

この記事は、毎日の生活を野菜で楽しく、 カゴメが運営する野菜専門メディア「VEGEDAY」の提供でお送りします。
まず、良質で甘さがある大根を見分けるには、葉を見ることが大切。葉がみずみずしく、放射線状に広がっているものがおすすめです。とはいえ、カット大根には大抵の場合、葉がついていません…。

そこでカット大根を買う場合は、断面に注目! 切り口を見てス(※)が入ってないかをしっかりチェックしましょう。また、見た目にハリ感とツヤがあって、真っ白な色をしているものがベストです。
※成長しすぎなどが原因で、内部が割れてできてしまった空間(亀裂)

大根の部位別 甘さの違いと料理のコツ

次に、大根の部位で味の特徴を比べてみます。冬場の大根は甘みが増しますが、中でもいちばん甘みがあるといわれるのは葉元部分。逆にいちばん辛味があるとされるのは先端部分です。

部位別の特徴

【葉元】
繊維が多く食感は固めで、いちばん甘みが強い。シャキっとした食感を生かして、サラダや漬け物などに。甘みがあるので、煮物も美味しく作れるでしょう。
【真ん中】
いちばん柔らかく、辛みと甘みのバランスが絶妙です。厚切りにして、煮物にしたり、おでんに入れたりと、オールマイティーな部分。
【先端】
水分が少なめで、辛みをいちばん感じやすい部分です。この辛みを生かして「天ぷら用のおろし」はこの部分で作るのがおすすめ。汁物にも適しています。
ちなみに、大根の葉の部分はビタミンAが豊富に含まれているそう。切り落とされて売られていることが多いですが、見つけたらぜひ炒め物などにして食べてみてくださいね。

最後に

カット大根を購入するときは、その部位の味と特徴と理解していたほうが断然オトク。作りたい料理に合った部位を選んで、一段とおいしく作れるように工夫していきたいですね。 
提供元:

特集

SPECIAL CONTENTS