ライター : BBC

ツイッターやインスタグラム、クックパッドやテレビなど、メディアで話題になっているトレンドグルメを主に紹介しています。好きなことは、ネットサーフィン、ビール、コンビニ巡り、時…もっとみる

熟成肉専門店「ゴッチーズビーフ」

東京は池袋や吉祥寺をはじめ、仙台や名古屋など、全国に店舗を展開する熟成肉専門店「ゴッチーズビーフ」ですが、今回は池袋店を中心にご紹介します。 人気情報番組「王様のブランチ」などテレビでも紹介される「ゴッチーズビーフ」は肉のうまみが閉じ込められた最近話題の熟成肉がお手頃価格で食べられると評判のお店なんです。
店内に入ると、大きな看板が。どんなお肉が食べられるのか、期待が高まりますね。旨いステーキを日常のワンシーンにして欲しいという思いからか、ランチタイムは特にお得だそうです。 夜はお値段的に難しいとしても、お昼の価格でしたら安心ですね。

おしゃれな店内

フォークとナイフから紙まで、細部にデザインが施されています。がっつりとしているイメージのお肉ですが、おしゃれな店内で女性のツボをきちんと押さえています。 また店内には手書き風の看板などが飾られていて、デザインもおしゃれにこだわっているのが伝わるでしょう。 洋風で落ち着いた雰囲気。店内はかなりの席がありますが、ランチタイムは人気で混雑するそうです。

話題の熟成牛

約50日の熟成期間をかけた肉は赤身の旨みが増し、柔らかさも出るとか。肉は腐りかけが旨いという迷信のような話を実証してくれるような肉を楽しめそうです。 また、ゴッチーズビーフには赤身の塊にこだわって1ポンドのステーキを提供する、というこだわりがあります。なぜかというと、よけいな脂肪分は熟成の旨みを邪魔するからなんです。
▼熟成肉について詳しくはコチラ

熟成肉専門店の絶品ランチ

ランチメニューは ・熟成牛のサービスステーキランチ ・熟成牛のショルダーロースステーキ ・熟成牛の切り落としステーキ(数量限定) となっています。

【1日20食限定】熟成牛サービスステーキ 200g 1,200円(税抜)

こちらは一番人気のランチメニュー「熟成牛のサービスステーキ」です。 使用している熟成肉は赤身がおいしいアメリカンビーフ。日によって肩ロースやシャトーブリアン、リブアイロールと部位が変わるので何度でも通いたくなります! サイズは200g/300g/450g/1kgから選べます。

熟成牛のショルダーロースステーキ200g 1,680円(税抜)

こちらは希少部位であるショルダーロースを贅沢に味わえるランチメニューです。 切ってみると断面は赤みがたっぷりで肉感がすごいです。赤身メインの熟成牛はお昼から食べても胃もたれしないそうです。心置きなくガッツリいけそうですね! 味わった人からは、「やわらかい~!おいしい~。お肉がとてもやわらかいから、少し噛むだけで、口の中でとろけちゃう」「甘いです。お肉のうまみがギュッと凝縮された濃い味がしますね~!」と感激。 「甘辛いニンニクとお肉の相性が抜群です!」、「ご飯が止まらない」と大満足の声も。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS