使って納得。本格派のためのおすすめ親子丼鍋7選

気軽に作れておいしい親子丼。「もっと上手に作りたい!ふわとろにしたい!」という方もいらっしゃるのでは?そんな方におすすめなのが、親子丼専用の「親子丼鍋」。フライパンとの違いや基本の使い方もチェックしながら、人気の親子丼鍋を見ていきましょう。

2018年10月31日 更新

迷ったらコレ!おすすめ親子丼鍋7選

1. 軽くて扱いやすい!「北陸アルミニウム 萬彩伝 親子鍋」

ITEM

北陸アルミニウム 萬彩伝 親子鍋 16.5cm

サイズ:内径16.5、16.9×21.6×18.5cm

¥1,003 ※2018年10月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

1930年創業の老舗メーカー・北陸アルミニウムによるアルミ製の親子丼鍋です。アルミニウム板を打ち出して作られていて、表面には味わい深く美しい模様が。アルミ製なので軽くて扱いやすく、熱効率もよいというメリットがあります。

2. テフロン加工&IH対応で使いやすい!「TKG テフロン親子鍋」

ITEM

遠藤商事 TKG IH対応 テフロン親子鍋 16.5cm 立柄

サイズ:内径16.5×深さ2.2cm

¥1,708 ※2018年10月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

こちらは表面にテフロン加工がほどこされた親子丼鍋。調理の際に食材がこびりつきづらいのが魅力です。IH対応で熱源を気にせず使用できるのもうれしい!取っ手は垂直タイプと斜めのタイプ、2種類あります。

3. 取っ手が外れて収納性バツグン!「パール金属 ふっ素樹脂加工 蓋付き親子鍋」

ITEM

パール金属 クックマイン ふっ素樹脂加工 フタ付親子鍋 16cm

サイズ:外径16.3×高さ19.0cm

¥979〜 ※2018年10月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

こちらはネットで人気が高いパール金属の親子丼鍋です。ふっ素樹脂加工がされているので調理がしやすく、取っ手と本体の取り外しが可能。使わないときにコンパクトに収納できるので、場所をとりません。

4. オール熱源対応でIHでも使用可能「パール金属 アルティス」

ITEM

パール金属 アルティス 蓋付き 親子鍋 16cm

サイズ:幅17×全長21×高さ19cm

¥1,400 ※2018年10月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

パール金属のステンレス製親子丼鍋です。ステンレス製なのでオール熱源に対応していて、もちろんIHでも使用可能!パール金属のほかの商品とおなじく、取っ手と本体は取り外しでき、収納性もバツグンです。

5. しっかり安定して使いやすい!「ヨシカワ ステンレス親子鍋」

ITEM

ヨシカワ ステンレス親子鍋 ステンレス親子鍋蓋付き 16cm

サイズ:幅19×奥行16.4×高さ19.8cm

¥2,252 ※2018年10月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

こちらも人気の高いステンレス製親子丼鍋。アルミ製のものに比べ重みがありますが、その分安定性が出て調理時にひっくり返す心配がありません。パール金属のものと同じく、取っ手と本体は取り外し可能!

6. 熱伝導性が高くふっくらおいしく仕上がる!「丸新銅器 銅親子鍋 西型」

ITEM

丸新銅器 銅製 親子鍋 西型 16.5cm

サイズ:内径16.5×深さ2.7cm

¥1,296 ※2018年10月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

こちらは熱伝導性の高い銅製の親子丼鍋。取っ手が斜めについているタイプで、少々場所をとりますがそのぶん調理はしやすいでしょう。熱まわりのよさを活かして、本格的な親子丼を作ってみたい方はこちらをどうぞ!

特集

FEATURE CONTENTS