2. 素材の味が引き立つ。焼きなすのピーマン味噌のせ

ピーマン味噌は、焼きなすのうえにちょこんとのせると素材の味が引き立ってとてもおいしいですよ。

ピーマン味噌のストックがあれば、なすや大根、厚揚げなどにのせるだけ。あとひと品ほしいときにもすぐに作れる大満足なおかずです。

3. つけて楽しい。色んな野菜のディップ

食卓をパッと華やかにしてくれる野菜のディップ。色とりどりのの野菜を大皿に盛りつけて、数種類のディップソースがあればそれだけでパーティ気分ですね。ピーマン味噌はそんなディップソースでも大活躍。そのままでも、少しマヨネーズなどをまぜてやわらかくしてもマイルドになりますよ。

4. ご飯がすすむ。ピーマン味噌のせ焼きおにぎり

ピーマン味噌と高相性なのはやっぱり白ご飯。ほっかほかご飯の上にちょこんとのせるだけで、ご飯がバクバクすすみます。そんなピーマン味噌、少し焼いて香ばしくするのもおすすめです。おにぎりの上にのせて、軽く焼いてみましょう。お腹をすかせた子どものおやつ代わりにもなるほっこりレシピです。

5. ボリューム満点。豚とキャベツの味噌炒め

時短料理の代表レシピ「炒めもの」にもピーマン味噌は大活躍。冷蔵庫の残り物消化でもOK。どんな野菜とも相性が良いので、ササッと炒めてピーマン味噌で味付けしてみましょう。余計な調味料は不要!簡単なのに、時間をかけたような味で家族も大満足なひと品になりますよ。

6. お弁当や朝食に。ピーマン味噌おにぎり

ピーマン味噌はおにぎりの具材としても大活躍しますよ。ご飯の中に入れて海苔を巻けば食欲をそそるおにぎりの完成です。お弁当のおにぎりや忙しい日の朝食にもピッタリですね。定番のおにぎりの具材に飽きたら、ピーマン味噌で作ってみてください。

7. ゴーヤをおいしく食べよう。ゴーヤの味噌佃煮

苦味が気になると言われているゴーヤをピーマン味噌で佃煮にすることで、甘めで食べやすくなりますよ。作り置きにもおすすめで、ゴーヤの大量消費にもおすすめ。ゴーヤは冷凍しておいたものを使うこともできますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ