3. 味付けは白だしのみ!牡蠣のみぞれ鍋

牡蠣はみぞれ鍋にしてもおいしいですよ。しかもこちらのレシピは白だしだけで味付けしているので、とても簡単。大根やしらたきなどを白だしで煮たら、牡蠣、小松菜の葉、大根おろしを加えて、牡蠣に火が通ればできあがり。体も温まるしさっぱりと食べたい方におすすめです。

4. 牡蠣の旨みがスープに溶け込む、牡蠣のキムチ鍋

辛い鍋がお好きな方は、牡蠣のキムチ鍋はいかがでしょうか。ピリ辛な味わいのキムチと、牡蠣の旨みがよく合いますよ。白菜や玉ねぎなどを加えれば、野菜の甘みが加わって辛みが和らぎます。生牡蠣の旨みがスープに溶け込んで、しめの麺やご飯までおいしく食べられるお鍋です。

5. しょうがの風味が効いた、牡蠣の醤油鍋

こちらは昆布だしとお醤油ベースのスープで作る牡蠣鍋です。お味噌やキムチなど牡蠣鍋は味付けの濃いスープが多いですが、こちらはしょうがの風味を効かせてさっぱりと食べられますよ。牡蠣と豚肉が入って旨みがたっぷり。煮すぎると身が小さくなってしまうので、牡蠣は最後に加えてプリプリした食感を味わってくださいね。

6. レモンと黒こしょうで食べる、牡蠣と豚のレモンしゃぶしゃぶ

ちょっと変わった鍋が食べたいなら、こちらの牡蠣と豚のレモンしゃぶしゃぶはいかがでしょうか。野菜などの具材は濃いめのお出汁で煮て、牡蠣と豚肉はしゃぶしゃぶしていただきます。レモンの入ったお出汁はさっぱりとしていて、黒こしょうがアクセントになって、牡蠣がまた違った味わいで楽しめますよ。

7. すだち昆布出汁の牡蠣ミルフィーユ鍋

牡蠣ミルフィーユ鍋は、白菜と牡蠣がシンプルにいただけますよ。牡蠣は生牡蠣用ならしゃぶしゃぶで、加熱用ならしっかりと煮込んでくださいね。旨みの強いあご出汁を使っていますが、お好みのお出汁でお作りいただけますよ。

最後まで!牡蠣鍋におすすめのしめ3選

1. お米に旨みがしみ込む、しめまでおいしい牡蠣雑炊

牡蠣鍋の残り汁には、具材の旨みがたっぷり入っています。鍋の煮汁にご飯を入れて雑炊にすれば、お米ひと粒に煮汁が絡んでとてもおいしいですよ。炊いたご飯を一度水で洗ってから入れると、さらさらした雑炊に仕上がります。お好みで卵を入れてもおすすめですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ