気になるチョコレートのカロリーを徹底比較!太らず上手に食べるには?

みんなが大好きなチョコレート。「つい食べ過ぎてしまう」という人も多いのではないでしょうか。チョコレートのカロリーだけでなく、最近わかってきた健康効果、ダイエット中の食べ方など知れば、こわいものなし!管理栄養士がわかりやすく解説します。

2018年10月23日 更新

<明治>板チョコ1枚の内容量とカロリー

明治ミルクチョコレート(50g)……279kcal
明治ハイミルクチョコレート(50g)……280kcal
明治ブラックチョコレート(50g)……283kcal
明治ホワイトチョコレート(40g)……235kcal

※上記カロリーは、明治商品サイトより引用

<ロッテ>板チョコ1枚の内容量とカロリー

ガーナミルク(50g)……279kcal
ガーナブラック(50g)……287kcal
ガーナホワイト(45g)……279kcal
ガーナローストミルク(50g)……291kcal

※上記カロリーは、ロッテ商品サイトより引用

<森永製菓>板チョコ1枚の内容量とカロリー

森永ミルクチョコレート(50g)……285kcal
森永ビターチョコレート(50g)……282kcal

※上記カロリーは、森永製菓商品サイトより引用
メーカーによって、多少の差があるものの、内容量やカロリーに大きな違いはありませんでした。

チョコレート菓子のカロリーは?

チョコレート菓子のカロリーも気になるところですよね。定番チョコレート菓子の内容量とカロリーを、いくつかピックアップしてみました。

<1個あたりの内容量とカロリー>

・ポッキーチョコレート(72g)……364kcal
・きのこの山(74g)……417kcal
・たけのこの里(70g)……391kcal
・明治アーモンドチョコレート(88g)……500kcal
・ロッテアーモンドチョコレート(86g)……492kcal
・クランキー(45g)……248kcal
・マーブル(32g)……161kcal

※上記カロリーは、各社商品サイトより引用。
(グリコの商品を除く。グリコの商品は、包装に記載の値を引用。)
1個あたりで見ると、アーモンドチョコレートのカロリーがやや高いですね。実は、アーモンドチョコレートは、カロリー以外の栄養補給ができるのが良いところ。ナッツには、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが非常にバランスよく含まれています。(※出典3)
3 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

IsFoodHealthLABO

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう