欲張りさんに!甘酒の効果的な食べ合わせレシピ5選

1. 米麹甘酒入り里芋のドライカレー

里芋入りのドライカレーに甘酒を加えるひと品です。食材にアリシンを含む玉ねぎもあるので、米麹甘酒に含まれるビタミンB1の吸収率を上げることができます。甘酒だけで飲むのが苦手な方におすすめです。(※12)

2. 甘酒豆乳かぼちゃポタージュ

Photo by macaroni

かぼちゃをレンジで温め、炒め玉ねぎを合わせて作るミキサー不要のポタージュです。かぼちゃは皮膚の健康を保つはたらきがあるビタミンAを豊富に含んでいます。米麹甘酒にも同じような作用をもつビタミンB群が含まれていますよ。(※3,4,5,18)

3. 米麹甘酒と豆乳のホットドリンク

甘酒と豆乳を混ぜて温め、ジンジャーパウダーをふりかけるドリンクです。米麹甘酒と豆乳に含まれるビタミンB群に加え、豆乳に含まれる大豆イソフラボンやサポニンを一緒に摂ることができます。ただし、飲み過ぎてしまうと太る原因となるので気をつけましょう。(※3,4,5,16,17)

4. さつまいもとりんごの甘酒ヨーグルト和え

角切りのりんごとさつまいもに甘酒入りのヨーグルトをかけるひと品です。米麹甘酒のオリゴ糖やヨーグルトのビフィズス菌によって、腸内環境を整えて便秘対策が期待できます。米麹甘酒とさつまいもにも、同じはたらきをもつ食物繊維が含まれていますよ。(※10,11)

5. 甘酒レモンシャーベット

Photo by macaroni

レモンと甘酒を袋に入れて揉み込み、凍らせて作るシャーベット。レモンの皮には抗酸化作用をもつポリフェノールが多く含まれています。米麹甘酒に含まれるビタミンの作用と同じようにきれいな肌作りをサポートしてくれますよ。(※19)

甘酒をもっと身近に!

この記事では、特に飲む点滴と言われる「米麹甘酒」についてご紹介しました。甘酒には嬉しいメリットがたくさん。子供も妊婦さんも、誰でも楽しめるのも魅力のひとつですね。

そのまま飲むだけでなく料理にも活用したりと、毎日の食生活に甘酒をプラスして、今日から甘酒生活を始めてみてはいかがでしょうか?
【参考文献】
(2020/12/15参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ