[トマトがおいしくなる保存法]ある果物で未熟なトマトを追熟!

熟していないトマトが手に入ったときに、食べごろになるまで待つという方が多いのでは。実は、トマトを早くおいしくする方法があります。それは、トマトとりんごを一緒に保存すること。その秘密を、保存法と共に紹介します。

トマトをおいしくするのはエチレンの働き

この記事は、毎日の生活を野菜で楽しく、 カゴメが運営する野菜専門メディア「VEGEDAY」の提供でお送りします。
なぜりんごが、未熟なトマトをおいしくするのでしょう。それはエチレンというホルモンがカギを握っています。エチレンは、すべての野菜や果物が出しているガス状の植物ホルモン。野菜や果物の熟成を進める働きがあります。エチレンの生成量は種類によって異なりますが、なかでもりんごは、エチレン生成量が多い(=エチレンガスをたくさん作り出す)ことで知られています。

未熟なトマトを早く食べごろにする方法

実は未熟なトマトにも、エチレン感受性が高い(=エチレンによって熟成が進みやすい)、という特性があります。エチレンをたくさん出すりんごと一緒に、未熟なものを保存用ビニール袋に入れておけば、食べごろになるのを早めることができます。
未熟なトマトとりんごを保存用ビニール袋に入れたら、上の写真のように袋がふんわりとなるように空気を入れて、しっかりと口を閉じておきましょう。

りんごと一緒に保存すると傷みやすくなる野菜!?

トマト以外にも、エチレンで熟成が進みやすい野菜があります。以下は一例ですが、こちらはトマトのように「熟す」タイプの野菜ではないため、これらをりんごと一緒に保存すると、早く傷み始めてしまう可能性があります。りんごがある場合は、別々に保存用ビニール袋に入れて、保存しましょう。
・キャベツ
・きゅうり
・にんじん
・ねぎ
・ブロッコリー
・ほうれんそう
・レタス    など

じゃがいもの保存では発芽を抑える働きもある!

エチレンは、じゃがいもの発芽を抑える作用も併せ持っています。じゃがいもを長く保存したいときには、上の写真のようにりんごと一緒に保存しておくと、じゃがいもだけで保存したときよりも長持ちします。

最後に

りんごの他にも、山芋、メロン、完熟したトマトなどもエチレンを多く生成します。エチレンの働きを活用して、野菜をおいしくいただきましょう。
最終更新:2018.08.29
提供元:

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

VEGEDAY

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう