一日400本売れる。高級食パン専門店「あずき」の人気のひみつ

多摩川が流れ豊かな自然を感じられる二子玉川は、人気のパン屋があちこちにあるパンの激戦地。その地に誕生したのが『高級食パン専門店 あずき』。看板メニューは1日400本売れるという、小豆入りの食パン。今回はその人気の秘密に迫ります。

この記事は、豊かなフードライフを演出するWEBメディア「dressing」の提供でお送りします。

パン激戦地・二子玉川に、また一つ注目のパン屋が誕生

多摩川が流れ豊かな自然を感じられる人気エリア・二子玉川。駅前には巨大複合施設があり、ショッピングや食事を楽しむ子育て世代で賑わっている。

駅から少し歩くと、スペイン王室御用達の『Mallorca(マヨルカ)』、フランスパンの名店『ビゴの店 オ・プティ・フリアンディーズ』、和風パンが人気の『HAMADA-YA(ハマダヤ)』など、人気のパン屋があちこちにある。そんなパン激戦地・二子玉川に、2018年7月14日誕生したのが、『高級食パン専門店 あずき』だ。
場所は「玉川高島屋S・C南館」の裏手、東急電鉄・二子玉川駅から徒歩2分の好立地。駅前の喧騒から離れた落ち着いた通りの一角だ。
ガラス貼りで明るい店内は、白と黒を基調とした和モダンな雰囲気。

同店のパンは大阪・天満のイタリア料理店『トラットリア アルチェントロ』(現在は閉店)を手掛けたシェフ・本窪田雅文さん、パン職人歴20年の製造マネジャー・中川敏さん、同店店主・村田まゆみさんの3人がタッグを組んで、作り上げた自信作。
「おいしいものを知り尽くした二子玉川エリアのお客様に“おいしい”と認めてられてこそ本物だと思っています」と店主の村田まゆみさん(写真上)。

素材やレシピにこだわったおいしいパンを提供することで、日々の生活を豊かで幸せなものにしたいという。

ラインナップは、食パン2種類のみ!

『高級食パン専門店 あずき』はプレーンとあずき入りの食パンの2種類のみを販売している。
▲プレーンタイプの「SHIRO食パン(1.5斤)」(写真上)

「SHIRO食パン」は極上のふわふわ感としっとりとした生地のキメの細かさが印象的。耳には適度な食感があり、ほのかに甘く芳ばしい香りが漂う。シンプルだがしっかりと小麦の風味を感じられるので、なにもつけず、そのままのおいしさを味わうのが一番の贅沢だと実感できる逸品だ。
▲あずき入りの「AZUKI食パン(1.5斤)」(写真上)

店名でもある“小豆”入りの「AZUKI食パン」は、1日に400本も売れる人気の品。デパートの催事では、販売して10分ほどで完売する人気ぶり!

食パンに“あんこ”を練りこんでいるお店は多いが、“小豆”を練りこんでいるところは少ない。計算し尽くされたバランスで配合された小豆によって、小豆本来のうまみとすっきりとした甘さが感じられ、あっという間に1.5斤を平らげてしまいそうになる。

口に入れた瞬間、ほんのりと広がる小豆の風味、かむほどに楽しめるやさしい甘み、もっちりとした食感が最大の特徴だ。
贅沢にもそのまま手でちぎらせていただくと、驚くほど柔らかくもちもちとした生地!
パンのおいしさは小麦粉の素材や品質だけでなく、製法によってもここまで違いが出るのかと、衝撃を受ける人も多い。

おいしさの秘密は手間ひまかけた「炊き種製法」

同店自慢のパンは、「炊き種製法」というこだわりの製法によって生み出されている。
「炊き種製法」とは、小麦にたっぷりの熱湯を加えおかゆのような状態にしてから、丁寧に練り上げた生地を一晩寝かし、翌日に焼き上げる製法のこと。このように発酵させることで小麦粉本来の甘さや独特のもっちり感を引き出すという。
小麦粉は食パンのおいしさと小豆とのバランスを追求した、北米産の高級小麦をベースに独自にブレンドしたものを使用している。
「AZUKI食パン」は一口食べた時のちょうど良い甘みと食感を表現するため、収穫量が少ない小粒の“北海道産小豆”を使用。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

dressing

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう