たこ焼きとは全然違う!明石焼きのおいしい秘密と基本の作り方

ふわとろの明石焼きは、だし汁に浸して食べる郷土料理。だし汁の風味で、卵たっぷりの生地のやさしい味わいが、口いっぱいに広がります。今回は、明石焼きとたこ焼きの違いや、基本の明石焼きの作り方をご紹介していきます。フライパンで焼くレシピも必見!

2018年10月25日 更新

3. フライパンで焼く

たこ焼き器がない場合は、フライパンでオムレツや卵焼きのように、焼いてみるといいでしょう。やわらかい生地なので、平べったく焼いたら一度返すように折りたたみます。大きな明石焼きは、ひと口サイズに切り分けると、大勢でも食べやすいですよ。

明石焼きの卵とだし汁のやさしさに癒されよう

お箸で明石焼きをつまんで、だし汁に浸けた様子

Photo by uli04_29

実は、たこ焼きよりも歴史の古い、明石焼き。黄色くてまるいフォルムもかわいらしいですよね。明石焼きは、シンプルな材料と調理法だからこそ、食材のおいしさが引き立ちます。卵やだし汁にこだわってみたり、浮き粉を使うことで、おいしさもぐんとアップしますよ。

卵の量を増やしたり、薄力粉の量を減らしたり、とアレンジして好みの明石焼きレシピを開発するのも楽しそう。ぜひ、明石焼きの卵とだし汁のやさしさを堪能してみてください!
▼おすすめ店はこちら
6 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uli04_29

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう