意外と知らない?焼きそばをおいしく作る5つのコツ

おうちごはんの定番「ソース焼きそば」。フライパンひとつで作れる簡単メニューですよね。でもちょっと待って!いつもの作り方の手順を少し変えてみたらもっとおいしくなるかも。今回は、意外と知らない焼きそばのコツをご紹介します。

いつもの焼きそばを格上げ

いつもの焼きそばを格上げ

Photo by akiharahetta

家庭料理の定番「ソース焼きそば」。お子さまから大人まで人気のメニューですよね。その作り方はというと、まず肉と野菜を炒め、つぎに麺を入れて一緒に炒め、最後にソースで仕上げる……というのが一般的ではないでしょうか?

それでも十分おいしいのですが、ここでご紹介するコツを覚えておけば、もしかしたらもっとおいしくなるかもしれません!特別な材料は必要ありませんよ。「意外に知らなかったかも」という人は、ぜひ試してみてくださいね。

おいしく作る5つのコツ

1. もやしは避けて!水分の少ない野菜を選ぶ

1. もやしは避けて!水分の少ない野菜を選ぶ

Photo by akiharahetta

キャベツやピーマン、にんじんなど、野菜はなるべく水気の出ないものを選びましょう。つい入れてしまいがちな「もやし」は、水分が多いので避けた方が無難です。また玉ねぎよりも「長ねぎ」がおすすめです。ニラや空心菜なども焼きそばに向いていますよ。

塩・こしょうで肉に下味をつけ、肉・野菜の順で強火でさっと炒めてくださいね。

2. 具と麺は別々に炒める

2. 具と麺は別々に炒める

Photo by akiharahetta

「一緒に炒めるのが楽!」ですが、具と麺は一緒に炒めないようにしましょう。肉と野菜は炒めたら、一度フライパンから取り出してくださいね。

ちなみに水分の少ない野菜を選んでも、炒めるときに水気が出たら、その水分を麺をほぐすときにソースと一緒にフライパンに入れてください。

3. 麺は焦げめがつくくらい、しっかり焼く!

3. 麺は焦げめがつくくらい、しっかり焼く!

Photo by akiharahetta

野菜を取り出したフライパンに麺を入れて焼きます。焼きそばというくらいですから、麺はしっかりと両面焼いてください。これは意外とやらないポイントかもしれません。無理にほぐす必要はありませんよ。

4. 麺はソースでほぐす

4. 麺はソースでほぐす

Photo by akiharahetta

麺はしっかり焼き目がついたら、ソースの水分でほぐすようにしましょう。このとき弱火にしするのもポイントです。ソースは焦げやすいので少しだけ注意が必要ですよ。

付属のソースが粉末の場合は、一袋につき大さじ1の水で溶いてから使うと、同じようにできます。

5. ソースの水気をしっかり飛ばす

5. ソースの水気をしっかり飛ばす

Photo by akiharahetta

ソースの水分が飛んで、麺がパラパラしたらできあがりです。チャーハンのような表現ですが、焼きそばもチャーハンも同じ炒めものなので、パラパラなくらいがおいしく仕上がりますよ。

これだけでいいの?はい!いいんです。

これだけでいいの?はい!いいんです。

Photo by akiharahetta

麺、具の順に盛り付けたら完成です。お好みで目玉焼きや紅しょうがをトッピングしてもいいですね。長ねぎのみじん切りもおすすめですよ。
これだけでいいの?はい!いいんです。

Photo by akiharahetta

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

akiharahetta

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう