編集部が厳選!「世田谷パン祭り 2018」必食の名ベーカリー9選

2018年10月7日(日)、8日(祝)の二日間、「世田谷パン祭り 2018」が開催されます。世田谷区のベーカリーをはじめ、全国の名ベーカリーが一堂に会する本イベント。今回は、編集部注目のお店を9店舗厳選してご紹介します!

2018年10月11日 更新

世田谷区がパン一色に染まる二日間!

日本中のパン好きが待ちわびる夢の祭典が今年もやってくる!

世田谷区を中心とした全国の人気ベーカリー約120店舗が参加する「世田谷パン祭り 2018」が、10月7日(日)、8日(祝)の二日間の日程で、いよいよ開催されます。

昨年は過去最高となる5万人の来場者を記録し、名実ともに国内最大級のパンの祭典へと成長した本イベント。第8回目となる今年は“ジャ・パン”をテーマに、日本生まれのパンや、日本の風土や文化に合わせて独自の発展を遂げた外国のパンなど、多種多様なラインアップが勢ぞろいします。
今回macaroni編集部では、イベントの目玉である「パンマーケット」(会場:世田谷区三宿)に出店するベーカリーの中から注目のお店をピックアップ。世田谷区4店、その他地域5店の合計9店から、イチオシのパンや出店にかける意気込みなどをお聞きしました。

世田谷区のベーカリー4選

1.【経堂】「オンカ」

1.【経堂】「オンカ」

Photo by macaroni

表参道の人気カフェ「パンとエスプレッソと」の姉妹店として、2011年にオープンした「オンカ(onkä)」。「onkä」とはアイヌ語で“発酵する”という意味をもつそうで、時間と労力を惜しまず、手間暇かけてつくられたパンが店頭に並びます。
老若男女を問わず支持される理由は、バラエティ豊富な商品ラインアップ。職人が発酵時間を確かめながら丁寧に焼き上げた「食パン」をはじめ、「子どものチョココロネ」や「アールグレイのメロンパン」など、定番から変わり種まで多種多様なパンを取りそろえています。

「クロックムッシュ」

「クロックムッシュ」

Photo by macaroni

クロックムッシュ

同店イチオシは、世にも珍しいイングリッシュマフィン型の「クロックムッシュ」。もちっとした食感の生地に、塩気がきいた厚切りハムと濃厚なレッドチェダーチーズをのせて、窯でこんがりと焼き上げています。
「食べていただきたいパンはたくさんあるので、多くの方に見やすく選んでもらえるよう、ディスプレイを工夫したいですね」と、店長の下山さん。オンカを訪れたことがある方もそうでない方も、あなたのお気に入りが必ず見つかるはずです。

2. 【三宿】「シニフィアン シニフィエ」

2. 【三宿】「シニフィアン シニフィエ」

Photo by macaroni

三宿の閑静な住宅街に佇む、全面ガラス張りのブーランジェリー「シニフィアン シニフィエ(Signifiant Signifié)」。パン好きの間では知らない人はいないといわれるパン界の巨匠・志賀勝栄氏が2006年に立ち上げた、日本有数のブーランジェリーです。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう