連載

【連載】和田明日香の「子供とゆるベジ! 」〜Shiitakeさんは、国際派〜

食育インストラクター・和田明日香さんが、子供の好き嫌い解消のヒントを教えてくれるこの連載。料理の大先輩・平野レミさんを義母にもち、働く女性として、また3児の母として、自分らしい生き方を模索する毎日から見つけた、とっておきのアイデアをお届け。

2019年1月8日 更新

Profile

Profile

和田明日香/食育インストラクター、モデル

1987年4月17日生まれ。東京都出身。3児の母。7年前、キャベツとレタスの違いもわからないまま、料理愛好家・平野レミの次男と結婚。コツコツ修行を重ね、食育インストラクターの資格を取得。各メディアでのレシピ紹介、企業へのレシピ提供など、料理家として活動中のほか、情報番組のコメンテーターや、コラム執筆、CM出演など、幅広く活躍する。

This is a Japanese Shiitake!

 This is a Japanese Shiitake!

Photo by macaroni

Sushi, Karaoke, Manga, Kawaii……

世界で通じる日本語は数あれど、なんと、この食材も日本語のまま世界進出しているのです。それが今回の主役、”Shiitake”!しいたけが日本を代表する食材として世界で珍重されていることが、言葉の伝わり方からもわかりますよね。

対馬でのお話。

以前、九州の離島を取材してまわったときに、対馬という島で、しいたけ農家さんを訪ねました。全国的にハウス栽培が多い中、森の中で原木露地栽培をされていると聞きつけ、その様子を見学しに行ったのです。
静かで、薄暗い森の中、足元は木の屑でふかふか気持ちよく、冷たく湿った空気に呼吸が自然と深くなりました。その中に農家さんが組んだ原木が整然と並んでいて、しいたけづくりは、森と人が力を合わせる営みだ!!と、超感動。
風の通り道を考え、雨が降りそうなら原木に傘がわりのシートをかけ、小さなしいたけが顔を出したら一つひとつ丁寧にビニールをかけてやり……そうやって人が手をかけている間、しいたけたちは木の栄養をぐんぐん吸って育っていくのです。
木の栄養を吸って大きくなるしいたけ。ということは、しいたけを食べたら木を食べていると同じこと!? 自然をいただいて生きている、私たちも自然の一部。なんだか、大きな循環に思いを巡らせてしまいます。

“旨味”の力に恐れ入った!

“旨味”の力に恐れ入った!

Photo by macaroni

そこで収穫させてもらった肉厚のしいたけを、東京に戻ってすぐ、魚焼きグリルで直火焼きしていただきました。バター醤油で食べる予定でしたが、ここは一旦、ツウぶって塩だけで……と、ひと口。なに、バターも醤油も全然いらないじゃん!なんなら、しいたけだけでバターの風味や醤油が香る気がする!これが素材本来の”旨味”の力なのかと、菜箸を握りしめ、コンロの前に立ち尽くしたのでした。こればっかりは、どんなレシピも敵いませんって。
原木から収穫したての新鮮なしいたけならば、できるだけ早く、シンプルな調理でいただくことがオススメなのですが、普通にスーパーでしいたけを買ってきたときに、ひとつ、やってもらいたいことがあるのです。
“旨味”の力に恐れ入った!

Photo by macaroni

それは、しいたけのひなたぼっこ!しいたけは、日光に当てるだけでビタミンDがぐんと増えるんです。買ってきたら、日の当たるところ(風通しもよければなおGood!)に置いておくだけで、何もせずとも栄養アップ。なんだかお得な感じがして、私は必ずやっています。

日本には、世界に誇れる食材が溢れている。

日本には、世界に誇れる食材が溢れている。

Photo by macaroni

一年中手に入るようになったおかげで、旬がなくなりつつあるしいたけをはじめとするキノコ類ですが、やっぱり秋には出番が増えますよね。そんな季節の感覚もまた、日本ならではかも。国際派のShiitakeを上手に使いこなしている日本のおうちごはんって、世界的にみてもレベルが高いに違いありません!……と、自分を鼓舞して、さて今日もごはんづくり、頑張りましょう!

次回の連載もお楽しみに!

文・構成/和田明日香、編集/山川俊行(macaroni編集部)、スタイリング/橋本彩(macaroni編集部)

書籍情報

ITEM

子どもは相棒 悩まない子育て

単行本:176ページ 出版社:ぴあ(2018/7/10)

¥1,296〜 ※2018年9月27日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS