日本未上陸グルメが続々!ブルックリン発「スモーガスバーグ」潜入レポ

ブルックリンで毎週末開催されるグルメイベント「スモーガスバーグ」が関東初開催!日本未上陸のフード&ドリンクや国内でも注目度の高いグルメが、さいたま「SHINTO CITY」に集まります。そんな話題のスモーガスバーグに潜入取材してきました!

2018年10月4日 更新

ブルックリン発人気イベント「スモーガスバーグ」

ブルックリン発人気イベント「スモーガスバーグ」

Photo by macaroni

ブルックリンで毎週末開催されるグルメイベント「スモーガスバーグ」が、関東で初開催!さいたま新都心「SHINTO CITY」建設予定地に、日本未上陸のフード&ドリンクや国内の人気ショップ、計55店舗が集まりました。

本場スモーガスバーグでは、出店したブースがこのイベントをきっかけに店舗開業することもあり、「食のスタートアップ」としての役割も担っています。
今回は、これから話題になりそうなフード&ドリンク情報をいち早くゲットするべく、スモーガスバーグに潜入取材!海外からの出店ブースを中心にご紹介します!

特性ピクルスジュースでスチーム!「BURGER SUPREME」

特性ピクルスジュースでスチーム!「BURGER SUPREME」

Photo by macaroni

まずはじめに足を運んだのが、ブルックリンのスモーガスバーグでは長蛇の行列ができる人気店「BUGER SUPREME(バーガー・シュプリーム)」。他のブースと比べても長い列ができていて、人気の高さが伺えます。
1,500円

Photo by macaroni

1,500円

行列で待つこと10分ほど、出来立てのシュプリームバーガーをゲット!牛肉100%のパテは、肉の旨味がガツンとくるインパクト。特性のピクルジュースでスチームされることで、芳しい酸味があとを引きます。

チーズのまろやかなコクも合わさったまさに「シュプリーム(最高)」なバーガーは、ぺろっと食べられるボリューム感で、女性人気も高まりそうです。

見て楽しめるハンドメイドアイスクリーム「BONA BONA」

見て楽しめるハンドメイドアイスクリーム「BONA BONA」

Photo by macaroni

グルメフェスと言えばスイーツのチェックも欠かせません!会場では多くの女性がこのアイスクリームに夢中になっていました。ワイルドな男性がキュートなアイスクリームを作る、このギャップもきっと人気の理由のひとつかもしれません。

出来立てアイスを炙る姿は、ムービージェニック!目で見ても楽しめるアイスクリームです。
1,200円

Photo by macaroni

1,200円

このホイップマシュマロが乗ったハンドメイドソフトクリームは、料理を競うアメリカのテレビ番組で優勝経験のあるニック・ディ・ボナ氏によって考案されたもの。アイスクリームなのにバーナーで焦がすという発想は、ニューヨーカーにも衝撃を与えたそうです。

厳選した素材で作られたバニラアイスは濃厚で甘みたっぷり。炙られたマシュマロの温かさと、アイスのひんやりとしたコントラストは新感覚です。これは日本でも人気確実!

逆輸入かき氷「BONSAI KAKIGORI」

1,200円

Photo by macaroni

1,200円

オーナーのガストン・ベチェラーノさんとセオ・フリードマンさんが、日本に旅行した際に食べたかき氷に魅了され “日本のかき氷を多くの人に食べてもらいたい” という想いで「BONSAI KAKIGORI(ボンサイ カキゴオリ)」を立ち上げました。

日本の伝統的なかき氷とはほとんど作り方は変わらないものの、ベーグル味のパウダーをふりかけ、かすかにチーズの風味が香るホイップでニューヨーカーらしいアレンジに仕上がっています。逆輸入かき氷として日本にやってくる日は近いかも?

取材班イチオシ!「CHEEZUS」

1,500円

Photo by macaroni

1,500円

ラクレットチーズを挟んだラクレットサンドウィッチが人気のお店「CHEEZUS(チーザス)」。チーズの溶け出す匂いにつられブースに向かうと、BURGER SUPREMEに劣らない長蛇の列が...。

チーズが溶けるのに時間がかかるとのことで、行列を並ぶことおよそ1時間...。チーズがたっぷりサンドされた出来立てをゲット!
食べ応え抜群のブレッドは東日本橋の人気ベーカリー「ビーバーブレッド」のもの。塩気のある生ハムに、きゅうりの酢漬け、ラクレットチーズのまろやかなコク。それぞれの食材がしっかりと味覚に訴えるようなおいしさで、バランスよくまとまっています。これは取材班イチオシ!日本上陸が待ち遠しい…!

マニアも注目のニューヨークワイン「GO-TO WINE」

マニアも注目のニューヨークワイン「GO-TO WINE」

Photo by macaroni

「ニューヨークワインは」ワイン好きの間で、いま人気急上昇中!ニューヨークワインを専門にインポートしているGO-TO WINEのブースでは、ニューヨークの5つの地域で作られたものが並びます。

今回いただいたのは、ニューヨーク・ロングアイランドのワイナリーで醸造される「Shinn Estate Vineyards(シン・エステート・ヴィンヤーズ)」の「ノン・ヴィンテージ レッド」

すっきりとした口当たりのミディアムボディで、少しキリッとした酸味が特徴的。CHEEZUSのラクレットサンドウィッチとのペアリングは相性抜群。癖もなく飲みやすいワインです。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう