連載

【わたしの食器棚 Vol.73】「好き」が教えてくれること。赤城美知子さん愛用の食器たち。

料理と向き合い生活している食のプロにお気に入りの食器を訊く連載企画。今回は、緑あふれる素敵な家での暮らしぶりでも話題を集める赤城美知子さんの愛用品をご紹介します。素材を生かしたシンプルなレシピに定評のある赤城さんが愛してやまないうつわとは?

2018年10月23日 更新

Today's Foodie

Today's Foodie

赤城美知子/料理研究家

笑顔が彩る食卓づくり

笑顔が彩る食卓づくり

Photo by macaroni

残暑も落ち着きはじめた鎌倉。観光客が往来を埋める駅前からバスに乗り、木々が彩る街並みを眺めてしばらく。降り立ったバス停は、名所・旧跡を間近に望む、緑豊かな住宅地の一角にありました。

そうしてたどり着いたのは、野菜料理とお菓子の教室『toricot』を主宰し、素材本来の味を生かしたシンプルなレシピに定評のある赤城美知子さんのアトリエ。白を基調としたその室内は、エアコンが必要ないほど風がよく通る空間でした。もう10年以上鎌倉で暮しているという赤城さん。鎌倉に住み続ける理由を訊ねると、「好きなんですよねぇ」と笑顔でひと言。なんとはなしに、「好き、ですか」と鸚鵡返しすると、「そう、好きが大事なんです」とほのかに“好き”を強調します。

「テーブルの上に並んだ料理が笑顔を呼ぶ。みんながワッと明るくなる。そういう料理、そういう笑顔が並んだ景色をつくりたいんです。自分が好きなことをするから笑顔でいられるし、自分が楽しめば周りも自然と笑顔になる。好きなことをして笑いながら、みんなが笑顔でいられる食卓をつくっていきたいんです」

その景色を生み出すために、自分の“好き”を大事にしているという赤城さん。では、そういう赤城さんにとって、食器とはどういう存在なのでしょう。

「うつわ、好きなんです。最近は特に作家ものに惹かれていて、手持ちのうつわがずいぶん増えました。個展に足を運ぶことも多いので、交流のある作家さんもたくさんいます。でも、ひとり暮らしをはじめるまでは、器を集められる環境ではなかったので、すこししか持っていませんでした」

では、どんなきっかけがあって集めるようになったのか。

「料理教室を始めるにあたって、数をそろえなくてはいけませんでした。そこで、直前にフィンランドを旅行したとき、アラビアのファクトリーショップでB級品を買い集めたんです。それがきっかけとなったのか、以来だんだんうつわが好きになって、個展やお店へ足を運ぶようになって。作家さんとの交流が増えだした頃から、自分がどんなうつわが好きか、どんなうつわが自分の料理にマッチするのか、おぼろげながらも見えてきたんです」

今回ご紹介するのは、そんな赤城さんが愛用しているという食器の数々。笑顔を生むための料理の受け皿として、果たしてどんなうつわが選ばれたのか、注目です。

1.【茶碗】寒川義雄

1.【茶碗】寒川義雄

Photo by macaroni

「広島で作陶されている寒川義雄(かんがわ・よしお)さんの飯椀です。数年前に鎌倉の『うつわ祥見』さんで開かれた個展に伺いまして、たくさん飯椀が並ぶ中で迷わず手に取った品でした。

基本的にぽってりした器よりも、シャープなラインのものが好みで、グレーがかかった色味と、繊細なつくりがお気に入りです。この薄さ、佇まいの美しさに、使うたびについつい見とれてしまいます」

2.【皿】アラビア「タルヴィッキ プレート」

2.【皿】アラビア「タルヴィッキ プレート」

Photo by macaroni

「フィンランドのARABIA(アラビア)社の古いお皿です。1967〜1974年頃に生産されていたシリーズで、黒色でお花と苺を描いたモダンなデザイン。上品でかわいらしい一枚です。

フィンランドのセカンドハンドのお店で一目惚れして、ケーキ皿を購入。それをきっかけにスープ皿、オーバル皿も集めました。焼き菓子がとてもよく合う器で、お菓子教室を開くたびに大活躍しています」
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう