2. ついついヤミツキになる人気のB級グルメ「そばめし」

続いても炭水化物×炭水化物の組み合わせですが、今度はごはんとの強力タッグ。麺が1人分しかないときでもごはんのおかげで2人分になる、便利なひと品でもあります。パラパラに炒められたごはんともっちり麺が一度に食べられるお料理って、なかなかありませんよね。独特の食感は、きっとクセになってしまいますよ。奥深いこってり味の秘密は、とんかつソースとウスターソースのダブル使いです。

3. とろとろチーズもINしてます「オムそば」

牛乳入りのふんわり卵で包んだ、オムライス仕立ての焼きそばです。卵のやさしい甘さが加わって、強めの味つけが苦手な女性やご年配の方でも食べやすいマイルドな味わいに。チーズが入っているので、お子さんの大好きもいっぱいです。ケチャップ・マヨネーズ・青のりのトッピングと卵の色あいが、おしゃれに見えますね。

4. 覚えておくと便利なレンジ調理で「塩焼きそば」

ソース以外の味付けも、忘れちゃいけませんよね♪ こちらは中華風の合わせ調味料を使って本格的な味わいに仕上げた、塩味のひと品です。シンプルな中にごま油の香りが引き立ち、とても食欲を誘います。お好みでレモン汁をたらすと爽やかさがプラスされて、サッパリ食べることもできますよ。エビ・イカ・貝などのシーフードを入れて、海鮮塩焼きそばにするのもオススメです。

5. パリパリ食感がたまらない「豚キムかた焼きそば」

最後にご紹介するのは、カリッと焼き付けた中華麺が香りよい、かた焼きそばのレシピです。とろとろの餡かけをかけるのもいいけれど、パンチのきいた豚キムチもなかなかの好相性!コチュジャンでコクと辛味をプラスをしていて、ビールのおつまみとしてもイチオシです。こんがり中華麺にレトルトのカレーや麻婆豆腐をかければ、カレー焼きそば・麻婆焼きそばにも◎。

困ったときは焼きそばに頼っちゃおう!

ひと品でお野菜やお肉・魚介類も食べることができる焼きそばは、栄養面でも優れているうえに、手早く作れて助かりますよね。休日のお昼ごはん・食べ盛りのお子さんのおやつ・お父さんのおつまみとして、たくさんのシーンで活躍させることもできます! 寝過ごしてしまったときは、お弁当にも便利です。中華麺は冷凍保存可能ので、万が一のときのために買い置きしておいてもいいでしょう♪
▼よろしければこちらの記事もご覧ください

編集部のおすすめ