旨辛ごはんのお供。カルディ「青唐辛子のオイル漬け」にやみつき

実りの秋の一大イベント、稲刈りの時期はもうすぐそこ!炊きたての新米はみずみずしく、つやと甘みがあって格別の味わいです。そんな新米をさらにおいしく味わうために、カルディの「青唐辛子のオイル漬け」をご紹介します。ごはんがとまらなくなりますよ♪

2018年9月20日 更新

魅惑の辛さ「国産青唐辛子のオイル漬け」

唐辛子のオイル漬けの瓶

Photo by muccinpurin

429円(税込)

炊きたての新米は、つやがありそのままでも十分なごちそう。新米をさらにおいしく味わうために、カルディの「国産 青唐辛子のオイル漬け」をごはんの供にするというのはいかがでしょう?
皿にのった唐辛子のオイル漬け

Photo by muccinpurin

瓶には、味わいがある青唐辛子のイラストと「辛味にお気をつけください」の注意書きが……。

瓶を開けると、やや大きめの輪切りになった青唐辛子がぎっしり。ときおり見える赤いものは赤唐辛子でしょうか。唐辛子というより、どことなく懐かしい、漬物に似た香りがします。

オイル漬けにしては固形分が多く、そこまでオイルは多くない印象です。
青唐辛子のオイル漬けの原材料表示

Photo by muccinpurin

こちらはカルディコーヒーファームのグループ会社「株式会社もへじ」が、香川県の工場に委託して製造しています。国産はやはり、安心感がありますね。

国産の青唐辛子、赤唐辛子、しょうゆやにんにく……。油はなたね油とオリーブオイルの2種類をブレンドしているようです。

ほかほかの新米にオン!

青唐辛子のオイル漬けがのったごはん

Photo by muccinpurin

さっそく、炊き立てのごはんにオン!ごはんにのせた瞬間から、青唐辛子とにんにくを感じるオイルの香りが、湯気とともに立ち上ります。これは至福……ずっと嗅いでいられそうです。

香りを楽しんだら、冷めないうちにさっそくひと口。そこまで辛くありません……ん!いや、あとからじんわりくる辛さです。辛い、辛い、でもおいしい、もうひと口!
青唐辛子のオイル漬けがのったごはん

Photo by muccinpurin

一度辛味を感じたら、しばらく持続しますが、うまみのある辛さです。にんにくやしょうゆの香りも合わさって、たまりません!瓶に記載された「辛味にお気をつけください」の意味が理解できました……でも辛いと、不思議とごはんがすすみますね。

辛いのにまたひと口食べたくなり、むしろ新米の甘さをより引き立ててくれます。
海苔の上のごはんと青唐辛子のオイル漬け

Photo by muccinpurin

次は、海苔で巻いて食べてみましょう。

これはいけます!ごはんとオイル漬けだけだと辛味が強めなんですが、海苔で包むことでマイルドになります。磯の香りが口の中にやさしく広がって、最後にピリッと辛味を感じますよ。

辛いのが苦手な方は、まず海苔で巻いてチャレンジしてみてください。きっとハマるはず!

じゃがいもに混ぜておつまみ風

青唐辛子のポテトサラダ

Photo by muccinpurin

このピリ辛風味はおつまみに合う……!ということで「青唐辛子のポテトサラダ」を作ってみました。

固めにゆでた角切りのじゃがいもを、多めの唐辛子オイルで焦げ目がつくように炒めて、塩をぱらり。焦げ目を付けるのが大きなポイントです!

じゃがいもの甘さと青唐辛子の辛味がベストマッチ!お酒のアテにももってこいなポテトサラダができました。具を入れすぎると辛いので、オイルを多めに使いましたが、お好みで調整してくださいね。

辛ウマな味わいを楽しめるので、パスタや魚介のソテーにも合いそうです。

ごはんが無限に食べられそう!

青唐辛子のオイル漬けがのったごはん

Photo by muccinpurin

鋭い辛さと旨みが交互に訪れる「青唐辛子のオイル漬け」。ヒーヒー言いながらも、また味わいたくなる不思議な魅力を感じます。やみつきになり、ごはんがとまりませんでした。

小瓶なのですぐ食べきってしまいそう……と思ったんですが、少量で十分なのでコストパフォーマンスも高いですね。

新米の甘みを、刺激的な辛さで引き立ててくれる最高のごはんのお供でした。ぜひ、試してみてください。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう