秋ごはんをもっとおいしく。新調したいうつわ8選

食欲の秋が到来!きのこ、さつまいも、秋茄子……秋の食材はどれもおいしいものばかりですね。今回は、秋ごはんをさらにおいしくする、すてきな器を8つご紹介します。おもてなしにも普段の食卓にも活躍する、使い勝手のいい器ばかりですよ♪

2018年10月21日 更新

秋ごはんをおいしくする器

秋といえば“食欲の秋”!おいしい「秋ごはん」にぴったりな器を新調して、ゆっくりと食事を楽しみませんか?この記事では、秋ごはんをさらにおいしく格上げする器を、8つご紹介します。ぜひチェックしてくださいね。

1. ご飯茶碗

1. ご飯茶碗

Photo by cotogoto

石灰・志野・黒飴 各:2,400円(税抜) 松灰:3,000円(税抜)

どっしりとした伊賀の土を使い、伊賀の釉薬で仕上げた「東屋」の『ご飯茶碗』は、シンプルで飽きないデザインが特徴の茶碗です。「石灰」「志野」「黒飴」「松灰」の4色展開で、それぞれ手触りや質感の違いを楽しめます。
1. ご飯茶碗

Photo by cotogoto

シンプルな茶碗は、食材との組み合わせでさまざまな表情を見せます。新米の季節にぜひ茶碗を新調してみてはいかがでしょうか。

2. 汁椀

2. 汁椀

Photo by cotogoto

各4,000円(税抜)

石川県加賀市にある「喜八工房」は、古くから日本の伝統工芸である『山中漆器』を丁寧に作り上げてきたそうです。その「喜八工房」の『樫椀』は、樫の力強さと存在感を感じる器です。「虎斑(トラフ)」は、虎のシマ模様のような木目のことで、重厚感があるのが魅力的です。
2. 汁椀

Photo by cotogoto

「樫椀」には、3種類の形があります。汁椀やご飯茶碗として使うのはもちろん、おかずを盛るにもぴったりですよ。ぜひ、秋茄子やきのこなど旬食材を、たっぷり入れて楽しんでくださいね。

3. パン皿

3. パン皿

Photo by cotogoto

8,200円(税抜)

長野県松本市に拠点を置く「大久保ハウス木工舎」のパン皿は、“普通のお皿”ではないんです。トースターから取り出したばかりのサクサクの食感を持続できるよう、料理研究家・金子健一さんと試行錯誤を重ねて完成したお皿なんです。
3. パン皿

Photo by cotogoto

桜の木をくりぬいて作られたパン皿は、あたたかい色味が秋にぴったりですね。トーストをよりおいしく食べるために作られたパン皿は、“パン好き”の方への贈り物にもおすすめですよ。

4. 矢羽根紋の器(山田洋次)

4. 矢羽根紋の器(山田洋次)

Photo by cotogoto

S:各2,400円(税抜) M:各3,600円(税抜)

どこか懐かしさを感じる「スリップウェアプレート」。スリップウェアとは、産業革命前にイギリスで愛された、泥状の化粧土で模様をほどこした食器です。和洋を問わず、どんな料理にも合うプレートは一枚あると重宝しますよ。
4. 矢羽根紋の器(山田洋次)

Photo by cotogoto

シンプルな模様と重みを感じる質感は、気取らない普段の食事に使うのに合いそうですね。落ち着いた色合いが、秋の食材を静かに彩ってくれますよ。

5. シックな黒い器

5. シックな黒い器

Photo by cotogoto

S:3,600円(税抜) M:4,000円(税抜) L:5,000円(税抜)

鹿児島を拠点とする「ONE KILN(ワンキルン)」の『ボウルセット』は、地元桜島の火山灰を配合した釉薬を刷毛で塗り仕上げています。メタリックで重みのある質感は、存在感を放っていますね。
5. シックな黒い器

Photo by cotogoto

Sサイズにはデザートを、Mサイズにはアヒージョなどのおかず、そしてLサイズにはたっぷりのグラタンなどを盛るのはいかがでしょうか。電子レンジ・食洗機・オーブンにも対応しているので、使い勝手がいいのも魅力的ですよ。

6. 宋艸窯の器

6. 宋艸窯の器

Photo by cotogoto

小:3,500円(税抜) 中:4,500円(税抜) 大:7,000円(税抜)

「宋艸窯(そうそうがま)」の器は、リム部分の凸凹模様の鎬(しのぎ)と個性的な色味が特徴。なかでもこちらの「しのぎ平皿」は、鎬がなんとも愛らしいですね。
6. 宋艸窯の器

Photo by cotogoto

カラーは、紺・緑・マット赤・わら白・白の5色展開。どれも独特な色味がすてきで、料理を華やかに見せてくれます。サイズは大・中・小の3サイズがあります。食卓を同じ色で揃えてもよし、あえて違う色で組み合わせるのもよし。お好みの色彩を楽しんでくださいね。

7. 波佐見焼の器

7. 波佐見焼の器

Photo by cotogoto

小鉢:800円(税抜) 中鉢:1,000円(税抜) 大鉢:2,800円(税抜)

長崎県の波佐見焼を、現代の感覚で発信する「BAR BAR」。なかでも『藍駒(あいごま)』シリーズの鉢は、小鉢・中鉢・大鉢の3サイズがあり、どれも使い勝手抜群です。薄手に仕上げられているので、大鉢でもそれほど重くなく、毎日の食卓に活躍しますよ。
7. 波佐見焼の器

Photo by cotogoto

爽やかなストライプ模様の鉢は、和食だけでなく、パスタなどの洋食や果物、デザートを盛るのにもぴったりです。サイズ違いで揃えれば、毎日の食卓に活躍しそうですね。

8. 粉引きの酒器・ぐい呑み

8. 粉引きの酒器・ぐい呑み

Photo by cotogoto

ぐい呑み:1,400円(税抜) 片口酒器:2,500円(税抜)

粉引きを得意とする「古谷製陶所」の『ぐい呑み』と『片口酒器』は、素地に白泥で化粧を施し、透明な釉薬をかけて焼成(本焼き)しています。本焼きを2度行うことで、釉薬に入るヒビ(貫入)や染みなどが発生しにくくなっているんです。
8. 粉引きの酒器・ぐい呑み

Photo by cotogoto

片口酒器はお酒を入れるだけでなく、植物を飾る使い方もおすすめです。ぐい呑みにはジャムを入れたり、豆鉢として使えますよ。温かみのある手触りは、使う人をほっこり癒してくれそうですね。

新しい器で秋支度を

新しい器で秋支度を

Photo by cotogoto

秋の食材をさらにおいしく見せてくれる器の数々。おもてなしに、普段の食卓に、ぜひすてきな器を新調してくださいね。
※本記事は、「cotogoto」の画像提供を元に株式会社トラストリッジが作成しています。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yururira

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう