うまい、うますぎる!「十万石饅頭」ってどんなお菓子?

「うまい、うますぎる」埼玉県民にはおなじみの十万石饅頭は、テレビドラマで取り上げられたことで、全国各地に知られるようになりました。ドラマとのコラボ商品も誕生した十万石饅頭の誕生と味わい、棟方志功氏とのつながり、購入できるお店をご紹介します。

埼玉のソウルフード「十万石饅頭」とは

「十万石」の名前の由来

「十万石饅頭」は、第二次世界大戦後の1952年(昭和27年)創業のにある和菓子店「十万石ふくさや」の看板商品です。埼玉県行田市にある老舗で、ローカルテレビでCMも放映されており、埼玉県民なら一度は見たことがあるという馴染みの深いお饅頭。行田市にお城があった忍藩(おしはん)の石高が10万石だったことから、その名がつけられました。

ドラマ「陸王」とのコラボで話題に

十万石饅頭は、行田市を舞台にしたTBSドラマ「陸王」に登場し、さらに広く知られるようになりました。十万石ふくさやでは「陸王」ドラマ化記念特別商品として、「陸王」とコラボした十万石饅頭を発売。「陸王」の焼印が押された饅頭は大好評で、ドラマ終了後も予約すれば購入可能です。

十万石饅頭の味の特徴

味の特徴

餡が甘すぎず食べやすい、すっきり上品な味わいと評されることも多い十万石饅頭は、味もさることながら香りも楽しめるお饅頭です。ほんのり山芋の香りがするふわふわの皮が、おいしさをさらに引き立てています。創業時から材料配分や製法は変わらないという伝統の味わいです。

原材料へのこだわり

餡に使われているのは、北海道・十勝産のエリート小豆。十万石饅頭の餡は皮を残さないこしあんですが、風味や養分をできるだけ残すため、シワになりにくく粒がそろった大粒の小豆を使用しています。

また、砂糖は小豆の風味を活かすため、すっきりした甘さの大粒ザラメ糖を使用していることも特徴です。山芋は、栽培がむずかしいといわれるコシが強いつくね芋、米粉には新潟県産コシヒカリが使用されています。

賞味期限と日持ち

十万石饅頭は保存料不使用。そのため消費期限は短めで、だいたい5~6日となっています。早ければ早いほどおいしくいただける、とお店も推奨していますが、少し時間がたってしまった時は蒸し直しがおすすめ。購入する場合は人数やタイミングなどを考慮して、おいしくいただきましょう。

「うまい、うますぎる」のキャッチコピーとCM

十万石饅頭のパッケージを手がけたのは、世界的に知られる版画家 棟方志功 氏。十万石ふくさやの創業者 横田信三氏は、パッケージデザインを依頼するため、十万石饅頭を携え棟方氏の元を訪れました。

一気に5個の饅頭を食べた棟方氏は、「うまい」「行田名物にしておくにはうますぎる」と言い、その場で絵筆を手にし、忍城のお姫様を描きました。パッケージの文字は「十万石幔頭」となっていますが、"この饅頭が全国に広く知られるように"との意味がこめられています。

十万石ふくさやの店舗情報

十万石 行田本店

行田市駅から4分。大通り沿いにある本店は、国の登録有形文化財にも指定されている、築100年以上という蔵造りの建物。雰囲気たっぷりの店内には、十万石饅頭のほかにも、おいしいお菓子がたくさんありますよ。
■店舗名:十万石 行田本店
■最寄駅:秩父線行田市駅より徒歩4分
■電話番号:048-556-1285
■営業時間:8:30~19:00
■定休日:なし
■公式HP:http://www.jumangoku.co.jp/index.html

そのほかの店舗

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう