ライター : kinako

料理やお菓子を作ること、食べることが大好きです。作り方のコツやポイントとともに、さらにおいしく味わえるよう、素材や料理の背景にもさり気なく触れられれば、と思っています。

埼玉のソウルフード「十万石饅頭」とは

「十万石」の名前の由来

「十万石饅頭」は、第二次世界大戦後の1952年(昭和27年)創業のにある和菓子店「十万石ふくさや」の看板商品です。埼玉県行田市にある老舗で、ローカルテレビでCMも放映されており、埼玉県民なら一度は見たことがあるという馴染みの深いお饅頭。行田市にお城があった忍藩(おしはん)の石高が10万石だったことから、その名がつけられました。

ドラマ「陸王」とのコラボで話題に

十万石饅頭は、行田市を舞台にしたTBSドラマ「陸王」に登場し、さらに広く知られるようになりました。十万石ふくさやでは「陸王」ドラマ化記念特別商品として、「陸王」とコラボした十万石饅頭を発売。「陸王」の焼印が押された饅頭は大好評で、ドラマ終了後も予約すれば購入可能です。

十万石饅頭の味の特徴

味の特徴

餡が甘すぎず食べやすい、すっきり上品な味わいと評されることも多い十万石饅頭は、味もさることながら香りも楽しめるお饅頭です。ほんのり山芋の香りがするふわふわの皮が、おいしさをさらに引き立てています。創業時から材料配分や製法は変わらないという伝統の味わいです。

原材料へのこだわり

餡に使われているのは、北海道・十勝産のエリート小豆。十万石饅頭の餡は皮を残さないこしあんですが、風味や養分をできるだけ残すため、シワになりにくく粒がそろった大粒の小豆を使用しています。 また、砂糖は小豆の風味を活かすため、すっきりした甘さの大粒ザラメ糖を使用していることも特徴です。山芋は、栽培がむずかしいといわれるコシが強いつくね芋、米粉には新潟県産コシヒカリが使用されています。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ