カオマンガイの本場レシピ&5つの秘訣。東南アジアトラベラーが直伝!

鶏の旨みがたっぷりのライスに、ジューシーなチキンがのったタイ料理「カオマンガイ」。ナンプラーとジャスミンライスの組み合わせが、やみつきになるおいしさなんですよね。今回は旅好きの筆者が現地で食べた本場の味を、作りやすくレシピでご紹介します!

2019年6月21日 更新

4. 器に盛り付けてできあがりです!

器に盛られたカオマンガイ

Photo by muccinpurin

スープは味見をして塩加減を調整し、温めなおして器に注ぎます。

炊きあがったライスを器に盛り、鶏肉をカットしてライスの上にのせます。お好みでパクチーや野菜、タレを添えてできあがりです。

本場風に盛り付けるポイント

大きめのお椀にカットした鶏肉を並べます。このとき、皮目は下にしてくださいね。その上にライスを軽く押し付けるようにして詰めます。お椀ごと、皿の上に裏返すときれいに盛り付けられますよ。

本場の味に仕上げる5つのコツ

1. もも肉を使ってジューシーに!

皿にのせられた鶏もも肉

Photo by muccinpurin

カオマンガイの「マン」は油を意味します。むね肉ではなく、もも肉を使ってジューシーに仕上げましょう!鶏皮の脂身がポイントなので、削がずにゆでてくださいね。

2. ひとさじのはちみつでしっとり

はちみつの瓶

Photo by muccinpurin

鶏肉をやわらかくゆでる"魔法の調味料"として、はちみつをひとさじいれましょう。ほどよく水分が残るので、しっとり仕上がります。
3 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう