ライター : camel6808

普段はとある企業でせこせこ働いてます。 思いついたときにフラっと喫茶店のプリンを食べに行くのが趣味です。 皆さまにレシピやグルメ系の情報が発信できるよう、がんばっていきます。

おしゃれな煎餅で話題!煎餅ブラザーズとは

東京都江戸川区、とある老舗煎餅工場は2014年、倒産寸前という窮地に立たされていました。それを立て直すべく、4代目の兄弟が生み出したのが「煎餅ブラザーズ」というブランド。「せんべいを、おいしく、かっこよく。」をキャッチコピーに掲げ、これまでにない斬新な煎餅を誕生させました。 煎餅とは思えないおしゃれなパッケージ、豊富な味のバリエーション、そしてさまざまな有名ブランドとのコラボレーションを進んでおこなった結果、SNSを中心にたちまち人気に。家業を守るべく立ち上がった兄弟たちの結晶が「煎餅ブラザーズ」なのです。 作り手の兄弟ですが、お兄さんはもともとWebデザイナーをされていたため企画やパッケージ担当、弟さんは煎餅職人として製造や開発を担当しています。ちなみに実の兄弟なんだそうですよ。

種類が豊富!値段や内容量、人気の味は?

味の種類

とにかく種類が豊富なのが「煎餅ブラザーズ」の魅力です。そして、その味が煎餅とは思えないほど革新的な味ばかり!例えば韓国のチョレギサラダ味の「チョレギ」、お酒と相性ばつぐんの「ビーフジャーキー」、どんな味なの? と思うような「スモーキーイタリアン」、ピリッと刺激的な「チリトマト」などなど。 ほかにも定番の醤油や塩、わさび、ゴマなど馴染みの味ももちろんあります。 見たことのない味から定番の味まで、その数なんと20種以上! そのなかでも大人気なのが「バジル」。普通の煎餅はサラダ油を使うことが多いのですが、「煎餅ブラザーズ」はオリーブオイルを使用していて、「バジル」という洋風の味を煎餅とマッチさせることに成功◎

値段・内容量

気になるお値段ですが、ほとんどの商品が378円(税込)です。「チリトマト」「レモンソルト」「チョレギ」「飛騨山椒」など一部商品は594円(税込)と200円ほど高くなっているので、公式通販サイトにて確認してみてください◎ 内容量はどれも70g。一般的な煎餅1枚が10数gなので、思っているより多めの量が入っていますよ。味によって煎餅の大きさが違うので入っている枚数はバラつきがありますが、どれもじゅうぶんに楽しめるくらいの量です。

取り扱い店舗

「船堀工場直売店」

■店舗名:船堀工場直売店 ■最寄駅:都営新宿線船堀駅より徒歩9分 ■電話番号:03-3687-2495 ■営業時間:9:00~17:00 ■定休日:土・日・祝日

新宿新南口NEWoMan内「ココルミネ」

■最寄駅:JR新宿駅直結甲州街道改札内 ■電話番号:03-6380-6098 ■営業時間: 平日 8:00~22:00 土日祝 8:00~21:30 ■定休日:なし ■公式HP:https://www.lumine.ne.jp/kokolumine/
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS