5. フィリングを詰める

Photo by mikA.K

4に、カスタードクリームから順に詰めていきます。カスタードクリームはできるだけ平らにします。

Photo by mikA.K

アップルフィリングをカスタードクリームの上にきれいに並べて、最後に中央が少しだけ高くなるように重ねてください。細かく切れてしまったものを中央にのせるといいですよ。

6. パイ生地で飾りをつける

Photo by mikA.K

飾り用のパイシートを冷凍庫から出し、使いやすい温度まで解凍します。1.5cm程度の帯状に切ったパイ生地を、格子状に重ねていきます。くっつかなかったら溶き卵を少量つけ、ノリ代わりにしてください。 フチにも飾りをし、溶き卵を塗ります。

7. 焼く

Photo by mikA.K

200℃のオーブンで20分、180℃に温度を下げて20分焼いたら完成です。

※途中焦げそうなときはアルミホイルをかぶせてくださいね。

底が焼けてないときの対処法

オーブンのクセが原因だったり、生地がだれてしまったり、フィリングに水分が多い場合に起こりやすいのが「底の生焼け」。

そんなときは、オーブンの天板にアルミホイルを敷き、型から外したパイを直接のせて200℃のオーブンで焼いてみてください。

上面が焦げないようにアルミホイルをかぶせます。5分くらい焼いたら様子を見ましょう。焼けてない場合は、少しずつ時間を伸ばしてくださいね。

カスタードアップルパイの人気アレンジレシピ7選

1. りんごが見える。オープンカスタードアップルパイ

オープンタイプのカスタードアップルパイレシピ。型がなくても作れちゃうのがうれしいですね♪ むずかしそうなパイの成型は、工作感覚で簡単にできます。切り分ける必要がないので、盛り付けの際に崩れずに済みますよ。

2. 春巻きの皮で♪ お手軽アップルパイ

春巻きの皮で作るアップルパイのレシピ。焼くのではなく油で揚げているので、ぱりぱりの食感が魅力です。片手で食べられて、お子さまのおやつにピッタリ。パイ生地の温度に気を配る必要がないのも、手軽に作れるポイントです。

編集部のおすすめ