魅惑の口溶け。ローソン「The濃密チョコレートバー」の濃厚味に酔いしれる。

2018年8月28日(火)、ローソンの「ウチカフェシリーズ」に「The濃密チョコレートバー」が新しく仲間入りしました。"The 濃密"という意味深なキーワードが気になるチョコレートバー。リッチなパッケージに惹かれてさっそく食べてみました。

2018年12月12日 更新

「The 濃密」なチョコレートバーって?

「The濃密チョコレートバー」パッケージ

Photo by muccinpurin

185円(税込)

2018年8月28日(火)、ローソンの人気ブランド「ウチカフェ」から「The濃密チョコレートバー」が発売されました。

ローソンの売り場に着いて、びっくり!袋ではなく箱入りでした。しかもかなりしっかりとしたつくり。パッケージのデザインやカラーも、ベルベットのようで高級感が漂います……!
「The濃密チョコレートバー」パッケージアップ

Photo by muccinpurin

ダークブラウンのパッケージに、ゴールドの文字。"The濃密"が気になって、思わず買ってしまう人も多そうですね……。

そして気になるのが「フランス産クーベルチュールチョコレート使用」の記述。この「クーベルチュールチョコレート」が、このアイスのキーポイントになりそうですね……!
「The濃密チョコレートバー」

Photo by muccinpurin

ほろ苦いカカオの香り……すごくビターな印象です。一般的なバーアイスと比べて、ひとまわりほど小さいサイズでしょうか。少しだけ小ぶりな印象を受けました。

濃密って……このこと!

「The濃密チョコレートバー」断面

Photo by muccinpurin

チョコレートのコーティングのなかから、モカブラウンのアイスがお目見え。ナイフを入れると「パリッ!」とチョコレートが割れる、あのおいしそうな音がしました。期待値が高まります……!

ナイフを入れたときの中のアイスの感触は、そこまで固くない感じでした。溶けないうちにさっそくひと口……。
「The濃密チョコレートバー」断面

Photo by muccinpurin

中のアイスは口に入れると、あっという間に溶けていきます。甘さもほどよく、のどに張り付くような、ねっとりした感じもありません。ちょうどいい甘さで、すぐにもうひと口食べたくなります。

"濃密"の意味もわかりました。スッと溶けるのに、水っぽくない。ですがこれはちゃんとチョコレートの味。そしてミルクのコクも感じます。

さらになんと言っても、このコーティングチョコの薄さ。個人的に、厚すぎるとアイスの味を邪魔してバランスがよくないと思うんですが、このコーティングはかなりの薄さなので、パリッと食感もよく、アイスとともにスッと溶けていく……。この口溶け感、クセになります!
「The濃密チョコレートバー」断面

Photo by muccinpurin

「クーベルチュールチョコレート」は、チョコレートの油脂分「カカオバター」が普通の板チョコと比べて多く含まれています。

油脂分が多いため、溶かすとサラサラの状態になるクーベルチュール。そんなチョコレートを使うからこそ、アイスを薄くコーティングすることができるんです。

口溶けのよさもピカイチで、絶妙の引き際といったところでしょうか。主張しすぎないコーティングが、アイスの味を引き立てています。

この出会い、クセになる

「The濃密チョコレートバー」のパッケージとアイス

Photo by muccinpurin

正直「The濃密チョコレートバー」には驚かされました……。スッと溶けるのに、しっかり濃密。濃密なのに飽きの来ない上品な甘さで、また食べたくなるような余韻が残りました。

そういえばパッケージの脇に「この出会い、クセになる」と書いてありましたが、まさにその通り。クセになるおいしさをぜひ味わってみてくださいね。

商品情報

■商品名:ウチカフェ The濃密チョコレートバー
■価格:185円(税込)
■販売日:2018年8月28日(火)
■カロリー:209kcal
※店舗によって、お取り扱いがない場合がございます。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

製菓衛生士/muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう