バターを溶かさずにレンジで温めて柔らかくする方法が目からウロコ!

バターは大体冷蔵庫で保管します。そうすると必然的にいざ使う時にはカチカチの状態のバターを使う事になります。でも、こう思った事はありませんか?「あったかくて柔らかいバターが味わいたい…」。しかし、そんな柔らかいバターを使うとなると、自然解凍を待つしかなく、それにはとんでもなく時間がかかります。しかし、自然解凍を待つ事無く、すぐに柔らかくて温かいバターが堪能出来る方法を発見致しましたので紹介します!!

柔らかバターが味わいたい

バターは大体冷蔵庫で保管します。そうすると必然的にいざ使う時にはカチカチの状態のバターを使う事になります。でも、こう思った事はありませんか?
「あったかくて柔らかいバターが味わいたい…」
料理に使うときなんかは関係ないのですが、トーストやパンケーキに載せるときは冷たいバターを乗せるとその接地面から徐々に溶け出していくだけで、全体が柔らかくなることはありません。そして、それでも柔らかいバターを使うとなると、自然解凍を待つしかなく、それにはとんでもなく時間がかかります。

しかし、自然解凍を待つ事無く、すぐに柔らかくて温かいバターが堪能出来る方法を発見致しましたので紹介します!!

四角いバターをレンジでチン♫

なんと、その方法とは、バターをレンジでチンするだけだと言うのです。

「いやいや…」

と思った方も多いと思います。なぜなら、多くの人はバターをレンチンすると…
こんな感じで液体バターになるのを知っているから。

しかし、今回見つけた方法はちょっと一工夫するだけで、液体にならずに、バターを温め、柔らかくすることができるのです!

それがコチラ!!
決してふざけているわけではありません。

「The Toothpick Tripod Method(爪楊枝三脚法)」と名付けられたこの方法を発見したのは「Josef Spalenka」さん。

なんとこの方法を使えば、バターを溶かす事無く温めて、柔らかくすることが出来るんだとか。

一見ふざけているように見えるこの方法ですが、やってみると何度やってもバターを溶かすことなく柔らかくすることが出来る上、どんなレンジでも可能な方法なんだそうです。

注意点は、温まってくるとバターが柔らかくなるので、不安定になって爪楊枝が倒れて来るので、そこを見逃さずに取り出すということ。皿に落ちたまま放っておくと液体バターになってしまいます。


ずっと見ておかなければいけないのが少し面倒くさいですが、これで憧れのあったかフワフワバターにありつけます♫皆さんもご家庭で是非試してみて下さい!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

tanukimaru

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう