イカ好き必見!「沖漬け」の基本的な作り方とアレンジレシピ7選

醤油ベースのタレに漬けるイカの沖漬けは北海道の郷土料理で、富山県ではホタルイカの沖漬けが有名。シンプルですが、イカのおいしさを堪能できる、たまらない調理法なんです。沖漬けの基本的な作り方やアレンジ、ネットで買えるおすすめ商品を紹介します。

2018年11月6日 更新

通販で買えるおすすめイカの「沖漬け」5選

1. イカ一杯まるごと「マルナマ食品 朝いか沖漬け」

北海道函館沖の船上で凍結された、鮮度のいい真イカを漬け込んだ、マルナカ食品の「朝いか沖漬」。特製の昆布醤油で漬け込んだ、イカ丸ごと一杯入っていて、「ゴロ」と呼ばれる内臓が絶品です。

2. 若い真イカ使用「函館海鮮食材 真いか沖漬け」

函館沖で採れた新鮮な若い真イカを、一杯ずつダレで漬けていて、あまり塩辛くないタレで若イカの甘味を引き出し、歯ごたえを残した沖漬けです。内臓も一緒に召し上がれ。

3. コクとうま味のある人気商品「川村水産 ほたるいか沖漬け 樽仕込み」

ほたるいかの沖漬けは、富山の代表的な郷土料理のひとつ。新鮮なほたるいかに醤油とみりんを加えて深層水に仕込んでいます。コクと旨味がある人気商品です。

4. お酒のおつまみにぴったり「しいの食品 蛍いか沖漬」

酒盗などの食品メーカーしいの食品の「蛍いか沖漬」です。沖合いの船上で獲れたホタルイカを急速船内凍結したものを使用して、塩味が強めの醤油だれで漬け込んだひと品です。
4 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Raico

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう