ねっとり食感がおいしい♪ 里芋の旬や産地&おすすめレシピ7選

和食に使うことが多い里芋ですが、じつはアレンジしだいで千差万別。ねっとりとした食感を活かせば、じゃがいもとはまた違ったおいしい料理に。定番の和食はもちろん、洋食から中華まで、里芋を使ったおすすめレシピをご紹介します。

2018年8月22日 更新

よりおいしい里芋料理に、里芋の下処理方法

里芋は濡れることでぬめりが出るので、一度よく洗って完全に乾かしてから包丁で皮をむきます。下ゆでする際も塩をふって軽くもみ、再度ぬめりを洗い流してから下ゆでを。さらに下ゆで後に流水で流し、しっかりとぬめりを落とすことで、よく味がしみ込むようになります。

定番からアレンジまで!里芋を使ったおいしいレシピ7選

1. 定番の味!ホクホクねっとりやみつき「里芋の煮物」

Photo by macaroni

ほっこりとおいしい里芋料理の定番、里芋の煮物のレシピです。だし汁に酒、みりん、しょうゆ、砂糖と、和食の基本となる味付けで、しみじみとおいしい里芋の煮物に。下ゆでせずにそのまま煮汁で煮込むことで、里芋本来の風味をあじわえる、おいしい煮物に仕上げます。

2. 和風仕立てのクリーミー里芋ポテトサラダ

Photo by macaroni

ねっとりとした食感がおいしい、里芋を使った和風ポテトサラダのレシピです。塩気と旨味の強い生ハムを加え、目玉焼きとかつお節をトッピングすることで、うまみたっぷりのおいしいポテトサラダに。あともうひと品といったときはもちろん、おつまみにも◎

3. 味付けしっかり、里芋とイカと大根の煮物

Photo by macaroni

イカの旨味がしみ込んだ里芋がおいしい、里芋とイカと大根の煮物のレシピです。イカはかたくならないように、軽く煮込んだら一度取り出すのがポイント。だし汁に調味料を加えてしっかりとした味付けに、時間に余裕があればひと晩寝かせると、より旨味のしみ込んだおいしい煮物に仕上がります。

4. ねっとり濃厚ほっくほく、肉みその里芋コロッケ

Photo by macaroni

冷凍の里芋を使ってよりお手軽に、ねっとり食感がおいしい里芋コロッケのレシピです。豚ひき肉と味噌、調味料を合わせて作る、濃厚な肉みそを加えることで、ソースいらずのおいしい里芋コロッケに。ごはんのおかずはもちろん、おべんとうにもおすすめです。

5. ねっとりホクホク里芋の肉じゃが

Photo by macaroni

こってりとした豚肉の旨味を里芋にしみ込ませることで、ぐんとおいしいねっとり食感の肉じゃがに。玉ねぎではなく長ネギを使い、とろっと甘くなるまで煮込むのがポイント。さきに里芋に塩をもみ込んで洗い流し、ぬめりを落とすことで、しっかりと味のしみ込んだおいしい肉じゃがに仕上げます。

特集

FEATURE CONTENTS