作り方

1. 道具を除菌する

Photo by 大山磨紗美

道具をすべて除菌します。炊飯器の内釜も、きれいに洗います。

2. 牛乳を温めてヨーグルトと一緒に容器に入れる

Photo by 大山磨紗美

牛乳を40~42℃まで温めて容器に入れ、種になるヨーグルトとよく混ぜます。

3. 容器を炊飯器にセット

Photo by 大山磨紗美

2の容器を内釜に入れて、45~50℃の湯を注ぎます。容器が浮かないように注意してください。

4. 炊飯器で15分保温

Photo by 大山磨紗美

炊飯器のふたを閉め、保温します。保温時間は15分くらいです。

50℃の湯を入れて15分保温した場合、湯煎の湯温は一時的に50℃以上に上昇しますが、ヨーグルトがすぐに高温になることはありません。釜全体を温めることで、保温機能を向上させます。

5. スイッチを切って7時間放置

Photo by 大山磨紗美

スイッチを切って7時間放置すれば完成です。

食べてはいけない目安

ヨーグルトの発酵温度40~42℃は、雑菌が繁殖しやすいです。雑菌が繁殖したヨーグルトを食べると食中毒のおそれも。牛乳パックで作る場合も炊飯器を使う場合も、下記のようになっているときは、食べないでください。

1. 不快なにおい、異臭がする
2. スプーンで混ぜたときヨーグルト独特のとろみではなくネバネバしている
3. 口に入れたときに刺激がある

少しでも異変を感じたら、全量を廃棄します。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ