とっておきの日に。macaroni動画「おもてなしレシピ」10選

おもてなし料理にぴったりな、華やかレシピを「macaroni動画」内から厳選してお届けします。ひと口サイズのおつまみから、メインのお肉料理まで10選。簡単なので、一度作ってみると普段の食事やお弁当にも活用できますよ。ぜひお試しくださいね♪

2018年9月22日 更新

おもてなしレシピを集めました!

この夏、友人やご家族と「おうちパーティー」をしてみませんか?「macaroni動画」より、おもてなしにぴったりなレシピをご紹介します。

作り方が簡単なのに華やかな、テーブルで映えるメニューを10選。前菜からメインのお料理まで、いろいろありますので、参考にしてみてくださいね♪

1. プチサイズで彩りもいい「2色ズッキーニのはさみ揚げ」

黄色と緑色のズッキーニで鶏ひき肉のタネを挟んで揚げるフライの完成画像

Photo by macaroni

まずはじめに、黄色と緑色のズッキーニの色合いがかわいい「2色ズッキーニのはさみ揚げ」をご紹介します。輪切りにしたズッキーニに、鶏ひき肉で作ったタネを挟んで、サクっとしたフライに。

塩麹やとろけるチーズなどが入った、旨味たっぷりの味付けなので、ソースをつけずに食べられますよ。鶏肉をしっかり捏ねて、ズッキーニから剥がれにくい粘り気のある肉ダネにすることがポイントです。

ひと口サイズで見た目もかわいいので、パーティーやおもてなしにぴったり。ピックを刺すなど、いろいろな盛り付けで召し上がってみてくださいね。

2. クミンの風味豊か「エスニックマリネサラダ」

マリネ液に漬けた焼きサバをのせたサラダの完成画像

Photo by macaroni

おもてなしのときには、サラダもちょっとおしゃれに作ってみたいですよね。「焼きサバのエスニックマリネサラダ」は、マリネ液に漬けた焼きサバを、華やかなサラダ仕立てにしたひと品。

紫キャベツやパプリカなどのカラフル野菜の上にサバを盛り付ければ、彩りがよく食べ応えのある「おもてなしサラダ」のできあがり。マリネ液にクミンパウダーが入っているので、サバが風味豊かに仕上がりますよ。

クミンパウダーは、カレー粉に代えてもOK。また、このサラダはバゲットなどに挟んで、サンドイッチにしてもおいしく食べられます♪

3. 前もって作っておける「ベビーホタテとパプリカのオリーブオイル漬け」

ベビーホタテをオリーブオイルで煮て、パプリカを加えて漬けた料理の完成画像

Photo by macaroni

おもてなしの当日に、何品もお料理を作るのは大変ですよね。そこで、作り置きができて、しかもテーブルで映えるメニューをご紹介したいと思います。

「ベビーホタテとパプリカのオリーブオイル漬け」は、オイスターソースで下味をつけたベビーホタテを、にんにくとオリーブオイルでコトコト煮て作ります。旨味たっぷりで、アクセントのパプリカが色鮮やか。

このお料理をおいしく仕上げるポイントは、弱火でじっくり加熱すること。冷蔵庫で2~3日保存できるので、前もって作っておけて便利ですよね。

バジルなどを添えて、"おもてなし感"のある盛り付けを楽しんでみてくださいね。

4. カリカリほくほく食感!「たっぷり粉チーズの皮付きフライドポテト」

くし切りじゃがいもに粉チーズをまぶして揚げるお料理の完成画像

Photo by macaroni

子どもから大人まで楽しめる「じゃがいも」のお料理レシピをご紹介。「たっぷり粉チーズの皮付きフライドポテト」は、くし切りにしたじゃがいもに粉チーズをまぶして、高温で揚げ焼きにするお料理です。

じゃがいもにオリーブオイルをまとわせてから、粉チーズを衣のように付けます。フライパンに並べる際は、互いがくっつかないように少し離してくださいね。

また、すりおろしにんにくを少量オリーブオイルに加えると、さらにおいしく食べられますよ。揚げたてホクホクをみんなでつまみながら、楽しい時間を過ごしてはいかがですか?

5. ころんとかわいい「ハッシュドポテトのひと口ベーコン巻き」

千切りポテトを丸め、ベーコンで巻いて焼いたお料理の完成画像

Photo by macaroni

みんな大好きな「じゃがいも」を使ったお料理を、もうひと品ご紹介。「ハッシュドポテトのひと口ベーコン巻き」は、スライサーで千切りにしたポテトをひと口サイズにまとめて、ベーコンで巻いて焼くだけの簡単レシピ。

千切りポテトをぎゅっと丸めて、しっかりとベーコンを巻きつけたら、パスタで固定。ベーコンが剥がれにくいうえに、パスタもそのまま食べられて便利です。

このレシピではアボカドソースをご紹介していますが、お好みでいろいろなソースを添えると、さらにおもてなし感が高まりおすすめですよ。

6. みんなでシェアして楽しい「カプレーゼ風バゲットサンド」

バケットに切り込みを入れて、チーズやトマトを挟んだサンドイッチの完成画像

Photo by macaroni

バゲットにたくさんの切り込みを入れて具を挟むだけで、ちょっとおしゃれなサンドイッチのできあがり。「カプレーゼ風バゲットサンド」は、モッツァレラチーズやトマトなどを挟んで仕上げるだけの、簡単レシピです。

みんなでシェアしやすいので、おもてなし料理にぜひ追加したいメニュー。このレシピでは、ほかにベーコンやチェダーチーズといったコクのある具も挟んであり、1本のバゲットサンドで2度楽しめますよ。

バゲットは、やわらかいタイプのものを使うと、具を挟みやすくおすすめです。できるだけ気負わない調理方法で、もてなす側も食事を楽しみましょう♪

7. 華やかビジュアル「アボカドトマトのプルアパートブレッド」

丸型パンに格子状の切り込みを入れ、チーズなどの具を挟んで焼いたサンドイッチの完成画像

Photo by macaroni

パンを使ったおもてなし料理を、もうひと品ご紹介します。「アボカドトマトのプルアパートブレッド」は、丸型パンに格子状の切り込みを入れ、アボカドソースとチーズ、トマトを挟んで焼いたサンドイッチ。

焼き上がりのビジュアルが華やかでパーティーにぴったり。パンをひと切れつまんで持ち上げるとチーズがとろーんと伸びて、盛り上がること間違いなしですよ♪

切り込みを入れるときは、パンの底まで切ってしまわないように気をつけてくださいね。いろいろなパンでチャレンジしてみると、また違った味わいを楽しめますので、ぜひお試しを。

8. オーブンにお任せ!「簡単しっとりローストポーク」

タレの漬け込んだ塊豚肉をオーブンで焼いたローストポークの完成画像

Photo by macaroni

オーブンを使った、おもてなしのメインになるメニューをご紹介します。「簡単しっとりローストポーク」は、オイスターソースとケチャップのたった2種類の調味料に漬けておいて、あとはオーブンで焼き上げるだけのシンプル調理。

前の晩に漬け込むところまで用意しておけば、当日の作業工程を減らすことができ、味も染み込んで一石二鳥。オーブンでじっくり加熱したあとは、余熱で火を通してやわらかく仕上げます。

豚肉なので、しっかり中心まで加熱することが重要ポイント。必ず竹串を刺して、肉汁が透明かどうか確認してみてくださいね。

9. 気楽にフライパン調理「しっとりローストビーフ」

フライパンで焼き目をつけた塊牛肉をアルミホイルに包んで作るローストビーフの完成画像

Photo by macaroni

ローストポークの次に「ローストビーフ」の簡単レシピもご紹介。オーブンを使わない気楽なフライパン調理で、しっとり食感のローストビーフができあがります。

牛ブロック肉にフライパンで焼き目をつけたら、アルミホイルに包んで放置するだけ。漬け込みダレの玉ねぎソースを絡めて召し上がれ♪

漬け込み時間が長いほどおいしいので、前の晩に完成させておくことができますよ。焼き時間を短くすればレアな仕上がりになるので、お好みでどうぞ。

10. 旨味をしっかり吸い込んだ「さんまとしめじのパエリア」

フライパンでさんまとしめじとお米を炊いたパエリアの完成画像

Photo by macaroni

最後にご飯メニューから、「さんまとしめじのパエリア」をご紹介します。さんまを焼いたあとの旨味が残ったフライパンで、お米と具を炊き上げて完成です。

仕上げに醤油を回しかけて、風味豊かな仕上がりに。すだちなどを添えて、パーティーの締めくくりにいかがですか?

お米は、水分がなくなるまで加熱することがポイント。様子を見て、時間調整をしてみてくださいね。

気負わずに作って会話を楽しんで

おもてなしをするときに大切なのは、もてなす側もゆったりと楽しむこと。むずかしい調理方法であたふたするよりも、失敗知らずの簡単レシピで気負わない料理をしてみてくださいね。

この夏、ご紹介したレシピを活用して、ぜひ楽しい時間を過ごしてくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

akiyon

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう