時短調理もお手のもの。「IH デイリーホットプレート」が誕生!

イベント時やホームパーティの時に持っていると重宝する「ホットプレート」。一家に一台持っているという家庭も多いのでは?そんななか、IH調理器とホットプレートの2役を1台で叶えてくれる、優秀な調理家電が誕生しました!その魅力をご紹介します。

2018年8月8日 更新

ホットプレートの新しい使い方が話題!

家族でワイワイ食卓を囲んで楽しむときにうれしいのが「ホットプレート」ですよね。多くの家庭で一家に一台持っている、"人気家電"のひとつでしょう。

焼肉やお好み焼きなど定番メニューはもちろんのこと、最近ではホットプレートを活用したアイデア料理もたくさん登場しています。

さらに「こんな使い方があったんだ!」と驚きや発見を提案してくれるのが、パナソニックの「IHデイリーホットプレート KZ-CX1」です。

イベントやホームパーティーの時にしか使わないという人も、普段使いできちゃう「IHデイリーホットプレート KZ-CX1」。毎日の食スタイルも変わりますよ!

テーブルになじむスマートなデザイン

みてください、このスタイリッシュなデザイン!これまでのホットプレートよりも、高さが24%も低くなっているので、テーブルにそのまま置いても、まわりになじんで違和感なし。

普通のホットプレートは黒っぽいものが多いイメージですが、こちらのプレートは美しいシャンパンカラー。

野菜を焼くだけでも豪華にフォトジェニックに仕上げてくれますね!

2口IH調理器としてもホットプレートとしても使える

このホットプレートのすごいところは、「2口のIH調理器」と「ホットプレート」の2通りの使い方ができるところ!

なんと、この仕様は"業界初"なんだとか。

プレートは左右を異なる温度で個別に加熱できるので、一度に2つのお料理ができちゃいます。温度は90度〜250度で調節できるので、素材に合わせてさまざまな調理ができるところも嬉しいポイント。

さっそく使ってみました!

とある日の夕食でホットプレートを活用して、お肉や野菜を鉄板焼きを楽しみました!使い方はとっても簡単。本体の中央にあるツマミを操作するだけ!

最初にコースを選び、左右それぞれの火力を設定したらツマミで押し下げて決定。短い時間で温まるのですぐに調理が開始されますよ!

左側でお肉を強火で焼きながら、右側では大好物のもやしを中火でシャキシャキ感を残す程度に仕上げます。

お肉のタレがもやしに混ざることなく、同時に調理できて時短だし便利。
プレートが大きいので、その場で炒め物も簡単、らくちん。

IH調理器として使うときは、このプレートをはずして本体にそのままフライパンやお鍋を乗せられます。なんと、揚げ物もできちゃうんです。

後片付けも、本体をさっと拭くだけで汚れが落ちるのでらくちん。そのままサッと洗うだけでOKです!

ホットプレートで朝ごはんもラクラク

こちらのホットプレート、朝ごはんにも便利です。

左側でマフィンを温めながら、右側では上に乗せるウインナーやたまご、ハムなどを同時に調理できるので、朝の忙しい時間にも嬉しいですね。
半熟に仕上がった目玉焼きを香ばしく焼いたパンの上にのせて、マヨネーズと塩コショウで味付けすれば、リッチな朝ごはんの完成。

この一台で食卓を華やかに!

IHデイリーホットプレートは大人数でも少人数でも使える調理家電。

食材や料理を美しく見せてくれるし、時短料理にも大活躍してくれそう。一台持っているとだけで毎日の食卓が華やかになりそうですね!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ハツ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう