ライター : miyuki_akabane

お酒とラーメンが心の拠り所!たまの休日にはコーヒーでホッとする日もありつつ、やっぱり焼酎が恋しくなるお年頃。

2018年版!全国の人気さんま祭り情報

極上の炭焼きさんまを味わうことができるさんま祭りの時期が今年もやってきました!岩手県の極上さんまが徳島県のすだち付で無料配布されたり、一尾100円で食べられたりするとてもお得なお祭りです。また、さんまの捕れる地方の物産を販売していたり、アートバルーンプレゼント会があったりと子供連れの方にもおすすめのイベントです。 さんま祭りで一番知名度の高い「目黒のさんま祭り」は、落語の「目黒のさんま」にちなんで始まったお祭りです。この祭りは例年3万人前後が来場。今年は7,000尾のさんまが用意されます。会場に広がる香ばしい匂いに思わず食欲が掻き立てられること間違いなしです。さんま祭りではさんまを無料や格安で食べられることもあって行列がすごく、会場には開場前から長蛇の列ができているので早めに行くことをおすすめします。

東京の有名さんま祭り3選

1. この香ばしさが堪らない!「目黒さんま祭り」

東京の秋の風物詩、落語「目黒のさんま」にちなんだ目黒で行われるさんまのお祭りです。毎年朝早くから長蛇の列ができることからも有名な祭りです。今年は岩手県宮古市の新鮮なさんま7,000匹が用意されており、無料で振る舞われます。もちろん焼くのは炭の本場、和歌山県南部町の備長炭。焼きたてのさんまに徳島県のすだちと栃木県の大根おろしも添えられ、旬の味覚を引き立ててくれます。 当日はさんまの無料配布のほかにも先着無料の「目黒のさんま寄席」や「ワゴンセール」「くじ引き抽選会」「アートバルーンプレゼント」などイベントが盛りだくさん。屋台や露店も20件から30件ほど出店する予定です。

イベント情報

開催日時:2018/09/09(日)10:00~14:00 最寄駅:目黒駅 会場:JR・地下鉄目黒駅東口 目黒駅前商店街

2. 4つのイベントが楽しめる「目黒区民祭り」

目黒区民祭りは目黒さんま祭りとはまた別のお祭りです。「目黒のさんま祭」「ふるさと物産展」「おまつり広場」「子供広場」と4つのイベントで構成される祭り。目黒のさんま祭りは目黒区の友好都市である気仙沼市から送られるさんまを炭火で焼き、大分県のカボスを添えて無料で配布されます。 各地方の名産や珍味を取り扱うふるさと物産展や和太鼓などを楽しめるお祭り広場、親子で楽しめる企画が沢山ある子供広場も多くの人でにぎわいます。

イベント情報

開催日時:2018年9月16日(日)10:00~15:30 ※会場への入場は無料。模擬店・物産展、イベントの一部は有料 アクセス:JR線・東急目黒線「目黒」駅より徒歩10分

3. 直送の新鮮さんまを無料で味わえる「東京タワーさんま祭り」

秋の味覚、さんまを味わえる東京タワー、秋の名物イベントがこの東京タワーさんま祭りです。今年で10回目となるこのイベントは、現在では東日本大震災からの復興活動の一端を担っており、岩手県、三陸市、大船渡市への観光客誘致の目的から行われています。大船渡のさんまが一番おいしいと言われる「秋分の日」に大船渡港から直送された3,333匹のさんまが無料で振る舞われます。旬を迎えるさんまは会場で炭火で焼きあげられるので、この日の東京タワーはおいしそうな匂いでいっぱいに。脂がたっぷりのった秋刀魚をぜひ味わってください。 さんまの無料配布に参加するには当日朝7:30から配布される引換券が必要です。7:30にはもう長蛇の列ができていることが多いので早めの来場と引換券を確保しましょう。その後さんまを使った料理や水産物の販売、ステージカーによるステージイベントなどを楽しむのがおすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS