日本最大級の激辛グルメの祭典!「激辛グルメ祭り」が東京・新宿歌舞伎町にて開催!

2018年は8月21日~9月17日に開催が決定している激辛グルメ祭り。いったいどんなお祭りで、どんな料理が食べらるのか、詳しい日程や入場方法、注目のお店など一気にご紹介します。暑い夏にこそ辛いものを食べて、夏バテを吹っ飛ばしちゃいましょう!

激辛好きも満足!激辛グルメ祭り2018に大注目

激辛グルメ祭りとは

激辛グルメ祭りは、2018年で6回目の開催になります。東京・新宿歌舞伎町にある大久保公園で、8月~9月の約1ヶ月に渡り開催されるイベントです。日本だけでなく、タイ・中国・韓国・アメリカ・メキシコ・ベトナム・インドなど、世界各国の激辛料理が集結します。入場は無料。辛いものが好きなら、一度は訪れたいですね♪

東京の激辛グルメ祭り

会場となるのは、東京・新宿歌舞伎町の「大久保公園」。西武新宿駅北口から徒歩約2分、JR大久保駅南口から徒歩約7分、東新宿駅 A1出口から徒歩約7分JR新宿駅 東口から徒歩約8分の場所にあります。

いろいろな駅から行きやすいので、アクセスのよさからも人が集まる公園です。

去年の激辛グルメ祭りの雰囲気をチェック!

連日大盛況!

激辛グルメ祭り2017は連日大盛況でした。特に、ラウンドが切り替わった初日の夜と土日は混雑率が高めで、テーブル席はほぼ満席。両サイドにある、立って食べるカウンター席の方が回転が早いので狙い目です。辛いものは食べるのにどうしても時間がかかるので、座ってゆっくり食べたい方はすいている時間帯を狙っていくのがおすすめです。

人気グルメ

こちらは、横浜中華街の名店「京華樓」の「本場の四川マーボー豆腐」。過去に、激辛グルメ祭りでグランプリを獲得した経験を持つ名物料理です。花椒特有の舌が痺れる辛さがクセになる、やみつきの味。サイズごとに800円、1,000円、1,200円と選べるのも特徴でした。

ほかにも、新大久保にある韓国チキン専門店「辛ちゃん」の手羽先や、蒙古タンメン中本の新メニュー「冷やし中華」など、常連のお店と初参戦のお店がいろいろとたのしめるラインナップとなりました。

激辛グルメ祭り2018の内容

計4回に分けて開催

2018年の激辛グルメ祭りは、4回に分けて下記に日程で開催されます。

1stラウンドは8月21日(火)~26日(日)
2ndラウンドは8月28日(火)~9月2日(日)
3rdラウンドは9月4日(火)~9日(日)
4thラウンドは9月11日(火)~17日(月・祝)

店舗が入れ変わるので、見逃さないようにチェックしてくださいね。各期間ごとに9店舗のお店が出店予定です。8月27日(月)、9月3日(月)、9月10日(月)はお休みなのでご注意を。

開催時間

開催時間はいずれも11:00~21:00。ランチがてらお昼からスタートし、おやつにかき氷でクールダウン、お腹がすいたら再び激辛料理を食べるなんていうたのしみ方をする方もいるそうです♪ 雨天決行、荒天の場合は中止になることもあります。

激辛グルメ祭りの楽しみ方

まずは食券をゲット!

購入の際は、食券もしくは電子マネーで支払います。料理の金額は、800円・1,000円・1,200円の3段階なので、あらかじめ食べたいものを決めてから食券を購入するとスムーズです。ドリンクやかき氷の食券も販売されています。食券は現地の販売機で購入するか、事前にローソンチケットからの購入が可能。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

Temi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう