アウトドア用調理鍋「クッカー」の選び方&おすすめ10選

登山やキャンプなどアウトドアでの調理に欠かせないお鍋。これから買うなら持ち歩きしやすい「クッカー」がおすすめです。アウトドア専用なので、軽くて収納力もあり重宝しますよ。今回はアウトドアデビューする方にぴったりなクッカーを10つご紹介します。

2020年2月1日 更新

クッカー選びの3つのポイント

クッカー選びのポイント1. 形状

クッカーの形状は2種類あります。「浅型」はフライパンのような形状で、炒めものに最適。底が広く、安定感があるのが特徴です。 「深型」はパスタをゆでたりシチューなどの煮込む料理に最適。入れ子のようにほかの調理器具を収納できるタイプが多いです。

クッカー選びのポイント2. 素材

「アルミ」はクッカーでもっとも多く使われている素材です。軽く、熱伝導率が高いので調理しやすいのが特徴。傷がつきやすいので注意しましょう。 「ステンレス」は傷がつきにくく、高い保温性が魅力。ほかの素材にくらべると重いので、登山にはあまり適していません。 「チタン」は軽さ、保温性、丈夫さともに優れています。熱が一か所に集まりやすい特徴があるため、湯沸かしなどに使うのがおすすめ。

クッカー選びのポイント3. セット内容

クッカーの多くが、大きなお鍋の中に小さなお鍋を入れて収納できます。サイズが違うお鍋があると調理の幅が広がるので、セットになっているものがおすすめです。

ファミリーキャンプ向けのおすすめクッカー5選

1. コンパクト収納なら「キャプテンスタッグ ラグナステンレスクッカー」

ITEM

キャプテンスタッグラグナステンレスクッカー

収納サイズ:(約)外径220×高さ150mm

¥4,581 ※2018年08月06日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

キャプテンスタッグのクッカーは、ステンレス製なので長く使えるのが魅力ですね。一番大きいお鍋に、ほかのアイテムを収納できるのでおうちでの保管にも便利です。

2. ごはんも炊ける「ユニフレーム fan5duo」

ITEM

ユニフレーム(UNIFLAME)fan5duo 660256

収納サイズ:約直径215×175mm

¥11,900 ※2018年08月06日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

新潟県のメーカー、ユニフレーム(UNIFLAME)のクッカーは、ライスクッカーがセットになっています。目盛りつきなので初心者でも失敗なくごはんを炊けますよ。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS